Nintendo Switchがスマホゲーム市場を食うかもしれないと思う理由

どうも。おっさんのおがです。

11月18日のポケモンサンムーン発売から始まり、
12月のSUPER MARIO RUNのiOS版配信開始、
1月のNintendo Switch体験会及びソフトラインナップ情報公開、
2017年3月のNintendo Switchの発売、
同時期に予定されたとうぶつの森スマホ版やFEスマホ版など、
日々、任天堂からワクワクするしかない情報が次々と発表されていきます。

SUPER MARIO RUNなんて、
配信前から2000万の予約登録があったようです。

普通のスマホゲームで事前期待の高いタイトルでも数十万件程度が相場なので、
比較するとトンデモナイですね…


ところで、期待のNintendo Switchについてですが、おそらくタブレットと同じような使い方もできると思われます。
タッチ操作が可能かどうか情報はまだ公開されていませんが、
おっさんは、タブレットのような使い方ができるようになっている可能性は非常に高いと思っています。

と言うのも、それによって任天堂がAppleやGoogleに割って入る形でスマホゲーム市場のプラットフォーマーの一翼を担う存在になれる可能性があるからです。


スマホでゲームをする問題点として、着信や通知表示などがゲームの邪魔となったり、ゲームをすることによるバッテリー消費により、肝心な時に連絡が取れなくなったり、Googleマップがみられなくなったり、音楽が聴けなくなったりと、様々なストレスや心配がありました。

そこに、Nintendo Switchです。

あのプロモーション動画を見た時、
おっさんは思いました。

Unityやcocos2d-xで開発したスマホ向けゲームを、
Nintendo Switchというプラットフォームに追加で配信できるようになったとしたら、
多くのスマホゲーム開発企業はiOS,Android,Nintendo Switchに同時配信するようになるでしょう。

スマホゲームがどんどんリッチになっていき、
どんどんバッテリーを食うようになっていく中で、
Nintendo Switchで同じゲームが遊べるとしたら、
スマホでゲームをすることにストレスを感じるユーザーは、Nintendo Switchでスマホゲームをプレイするようになります。

ツムツムのようなバッテリーも食わず間口の広いカジュアルゲームはスマホの方がいいでしょうが、
大きく売れているスマホゲームの多くは、共闘、対戦系のリアルタイムゲームだったり、リッチなスマホRPGだったり、明らかにスマホで遊ぶには無理が出てきているゲームばかりです。

スマホ+Nintendo Switchを持ち歩いて、
ゲームはNintendo Switchでやった方が楽しめると思います。
(コントローラも使えますし)

そういったリッチなスマホゲームをNintendo Switchというプラットホームに取り込むことにより、任天堂はスマホゲームのデベロッパーとしてだけではなく、プラットフォーマーとなることを狙っているように思うのです。

任天堂がスマホゲーム市場にゲームアプリを提供することを決めたのは、きっとそのための布石だろうと。

スマホというプラットホームで遊ばれるゲームについてのノウハウを蓄積し、
プラットフォーマーとなったその時に活かすためのノウハウを得たかったのではないだろうかと。

おっさんはそう思うのです。

だって任天堂は、ゲーム業界においてはずっとプラットフォーマーだったし、プラットフォーマーが1番儲かることを知っているし、
それを達成するための企業体力を持ってますもん。

単なる1デベロッパーとしてトップセールスアプリの運営を狙うなんて、そんな規模で満足するはずがありません。


まあこれは、おっさんがそういう未来になって欲しいという願望が半分くらい入ってますけどねw

以上、おっさんのおがでした。

スマホゲーム業界で働くおっさんが初めてスマホを持った男子に1番オススメするゲームはこれ!

どうも。おっさんのおがです。

今日は、初めてスマホを持った男子にオススメしたいクラロワことクラッシュロワイヤルの話。


おもちゃみたいなユニットがコミカルにわちゃわちゃ動いて、どこで遊んでも恥ずかしくない世界観。

ガチャが無く、小遣い程度の課金で十分に楽しめるマネタイズ設計。

お金はないけど遊ぶ時間はあるという学生の皆さんには、
スマホを手にしたら、まずクラロワを遊んで欲しい。

友達と一緒に始めればすぐに友達と戦うこともできるし、
ギルドに所属してオンラインの友達を作ることも超簡単。

さほど多くないユニットの中から8体という簡単なデッキ作成、
1回が長くて4分までという短い対戦時間、
対戦ゲームとしてはミニマムで間口の広いルールであるにもかかわらず、
とてつもなく深く遊べるよう設計されたユニットの種類と神がかったゲームバランス。

ちなみに、おっさんが思うゲームバランスの良さとは、
「うまくプレイできたと思った時にキチンと良い結果が出ること」
と、
「相手の取りうる全ての行動に対して”次はこうしてみよう”と思える選択肢があり続けること」
であり、クラロワはそれを完璧に表現できています。

ローディングなどの待ち時間も他のゲームとは比べ物にならないくらい少ないところもオススメ。

遊びたい時にすぐ遊べて、
やめなければいけない時にすぐやめられる。
親の急な呼び出しにも対応できますw

ちなみに、おっさんは配信開始直後から2週間くらいプレイして、面白いなーと思っていました。
そこから、仕事柄もあって違うゲームもたくさんプレイしていたりしたので半年間プレイしていなかったのですが、
久々にやりたくなってインストールしてみたらやはり面白いです。

ガチャを回すためにゲームをする他のスマホゲームも楽しいけれど、
ゲームそのものを楽しむことができるのがクラッシュロワイヤル。

ぜひ。

以上。おっさんのおがでした。


【新作レビュー】あの「なめこ」で一世を風靡したBeeworksGamesの新作「ブレイブキャラバン」初回プレイレビュー

どうも。おっさんのおがです。

新作ゲームをプレイした感想です。

細かいゲーム性や仕様についての解説は他のゲームメディアに任せるとして、
このレビュー記事ではプレイしたことにより得られる体験について書きたいと思います。

また、評価の低いゲームには改善提案なども書きます。

評価の星の数はあくまでおっさんの私的な評価です。
ゲームのクオリティを表すものではありません。

今回は


BeeworksGames「ブレイブキャラバン」


をプレイしました。

評価は★★★☆☆

攻撃とスキルを使うだけの自動進行横スクロールアクション。

ドット絵の小さいキャラがファミコン時代を思い出させます。

敵が近くに来た時にタップすることで発動するジャストガードと、
ジャストガードで一気に発動可能になるスキルが快感です。
面白いです。

評価が低めなのは、
1日2日とプレイを続けてもその後の展開に変化がないことが理由です。

もっと長く続ければ様々な味方スキルや敵スキルなどのギミックが増えて面白くなるのかもしれませんが、
序盤からあまりにも変化がない期間が長く、
キャラや武器もなかなか成長しないので、
ゲームにハマる前の段階で先に飽きが来てしまいました。

そして飽きを加速させるダメ押しの頻繁な全画面広告。

この辺りのマネタイズは、
もっとゲームにハマっていってからでもよかったように思います。

序盤のゲームバランスがもったいないゲームだなーという印象を受けました。

以上、おっさんのおがでした。

【新作レビュー】新感覚!Pay to Winのスポーツゲーム「白猫テニス」初回プレイレビュー

どうも。おっさんのおがです。

新作ゲームをプレイした感想です。

細かいゲーム性や仕様についての解説は他のゲームメディアに任せるとして、
このレビュー記事ではプレイしたことにより得られる体験について書きたいと思います。

また、評価の低いゲームには改善提案なども書きます。

評価の星の数はあくまでおっさんの私的な評価です。
ゲームのクオリティを表すものではありません。

今回は


COLOPL, Inc.「白猫テニス」


をプレイしました。

評価は★★★★☆

スマホのスポーツゲームとしては抜群に遊びやすい!

けっして操作感がいいわけではなく、
クセのあるキャラの挙動ですが、
上手くなったと実感できる手応えのある感じに仕上がっています。

個人的に残念に思うのは、
課金によるキャラと装備の強化が、
プレイ習熟よりも圧倒的に重要度が高いこと。

特に、キャラのスタミナ切れの仕様による課金誘導が強すぎます。

減ったスタミナは控えに回しても立ち止まっていても一切回復しないので、
スタミナ切れを起こしたキャラは死んだのとほぼイコールです。
キャラが強くて初めてテニスを楽しむことができます。

せっかくテニスのクオリティは高い水準でまとまっているのに、
ゲーム性としてはただキャラを強くしてぶつけるだけのゲームとあまり変わりません。

よく言えば、
キャラの育て甲斐のある育成テニスゲーム。

悪く言えば、
数万円払って初めてまともにプレイできるようになるテニスゲーム。

白猫プロジェクトと同じフローをたどるのであれば、
キャラと武器の性能のインフレについていくために定期的に数万円のお金を払い続けてようやく対等に遊べるテニスゲームと考えると、
最高評価点は出せないですね

とはいえ、無課金で1週間くらい遊ぶ分にはとても楽しいので、
一度プレイしてみて損はないと思います。

以上、おっさんのおがでした。

【ポケモンGO】バカ発見器?ポケモンGOに関連する痛いツイートや賛否両論まとめ

どうも。おっさんのおがです。

ツイッターで毎日ポケモンGOを検索してはポケモンGOのニュースを漁り、
肝心のポケモンGO本体を遊ぶ時間よりも、
ツイッターを見る時間が増えてしまったおっさんです。

そんなおっさんが、
ツイッター上で見かけた賛否両論のツイートやニュースをまとめました。



そもそも車運転しながらスマホ触るなよ…



日刊ゲンダイ…
誰もがドラッグ並みにハマれるゲームがあったら世界は平和になりそうですね。


https://twitter.com/monchi103011/status/758589530618236928
なぜか原因を勝手な予想でポケモンGOのせいにした上で、なくなればいいまでのコンボ。
どんだけ叩きたいんですか…
そういう人はポケモンGOなくてもそういうことするただの迷惑な人ですから…
なぜその迷惑な人ではなくポケモンGOに怒りを向けるんですかね?
幼児並みの知能なんですかね?



ホントそれ。



ホントそれ。



アメリカなんかは訴訟大国ですけど、訴訟によって個別に事案に対応されるだけで、サービス自体には好意的なことが多いですよね〜。



こういう声が多く挙がる社会で生きたいなあ。



この件もたいがい変でしたね。



これはいい問題提起!

例えば、
駅にポケモンが出るという状態は、
勝手に無料のパンフレットを置いていくのと何が違うのかと言われると、
あまり変わらない気がします。
この辺りの問題を抱えているのは事実だと思います。

ただ、最後の

不法侵入、事故や問題発生、それを防止する警備警告経費もメーカーやユーザーではなく被害者の自己負担。全然違う

という部分には違和感。

被害者の自己負担?
いや、加害者に負担させるべきことでしょう。
事故や事件の責任は明らかにその加害者にあり、それに使われた道具やサービスの責任を問うのは、
この方の言い方を借りると「頓珍漢」です。

「勝手にそこに何かを置いた」
ということと、
「それを使われて何かが起こった」
というのは、
別々に考えるべきことだと思います。

この方はそのあたりを混同してポケモンGOの責任であるかのように誤認しているようです。

また、警備警告経費をかけるのはそれをする側の裁量であり、放火されるかもしれないから火災保険に入っておくというリスクマネジメントと変わらないでしょう。
ポケモンGOの配信側が負担する部分ではありません。


http://www.nikkansports.com/m/general/news/1685872_m.html?mode=all
こちらの記事、
後半にいくにつれてポケモンGOと関係のない事件を羅列するだけになっていて、
非常に滑稽です。

後半は別のタイトルをつけて書くべき記事でしょう。



その場で本人に言えばいいのにw



内容は、レアポケモンが大量発生する公園がゴミだらけという話。
それは花火大会でも一緒…
人が多く集まったらそういう人も一定の割合でいるということですよね。
これもポケモンGOとは切り離して考えるべき問題です。



この要請自体は別にいいと思うのですが、
そこまで言うならそもそも駅は全ホームに安全策つけて毎日の混雑を解消してください…

ポケモンGOよりあの異常な混雑の方が事故もトラブルも多いでしょうよ…


ということで、
これだけたくさんの意見が毎日つぶやかれるということは、
それだけ多くの人に触れられているということで、
人気コンテンツの宿命かもしれません。

ポケモンGOを楽しんでいるおっさんとしては、

迷惑なプレイヤーは早く引退してポケモンGOへの世間の認識が改善することを願っていますし、

何かしら文句をつけたいだけの人や、
規制を叫んで善人ぶりたい人たちに、
早く他のターゲットを見つけてほしいと思います。

また、ポケモンGO自体が持つ問題についても騒がれすぎることなく、
適切に対応が進んで欲しいなと思います。

以上、おっさんのおがでした。

【ポケモンGO】ポケモンGOの公式アカウントや公式サイトのまとめ

どうも。おっさんのおがです。

ポケモンGO公式のアカウントやサイトを集めました。


ダウンロードリンク

Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nianticlabs.pokemongo

iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/pokemon-go/id1094591345?mt=8


株式会社ポケモンのポケモンGO公式サイト
http://www.pokemon.co.jp/ex/PokemonGO/


開発元Nianticの公式サイト
http://pokemongo.nianticlabs.com/ja/


日本版公式ツイッター
@PokemonGOAppJP


以上、おっさんのおがでした。

【ポケモンGO】ポケモンGOの危険は誰のせい?

どうも。おっさんのおがです。

ポケモンGOをプレイ中の事故や事件について、
日本での配信前から、
大手マスコミやSNS、各種まとめサイトで頻繁に取り上げられるようになりました。

それを見て、
怖いとか、
配信しない方がいいとか、
任天堂はもっと事故が起こらないよう作るべきだとか、
配信中止の署名だとか、
否定的な意見が多く見られるようになりました。

それを見ておっさんは思いました。

「なんて無責任な人が多いんだ」

と。

そもそも、ポケモンというゲームは、虫取りを模しています。
もともとゲーム内だけで表現していたその虫取り要素を、
ちょっと現実に近づけて、
現実の位置情報を使った虫取りゲームにリメイクしたものがポケモンGOです。

そう、ただの虫取りゲームなんです。

皆さんは、セミ取りや、カブトムシ取りを楽しむ子供(とそれを一緒に楽しむ大人)をどう思いますか?

微笑ましいと思いませんか?
(虫取り自体を気持ち悪いと思う人もいるとは思いますが)

セミを追いかけて道路に飛び出す子供がいたら、
この世からセミを排除しよう!
と言うのですか?

そもそも、その「遊んだら危険な場所」というのは、
なぜ危険なのですか?
誰のせいで危険なのですか?

道路や車、
発電施設、
銃、
強盗。

ポケモンGOで事故や事件が多かったそれらは、
誰が作ったものですか?
それらが今のような形で世の中にあるのを許容しているのは誰ですか?

そうして危険なものを危険なまま世の中に作って、
それによって子供が虫取りで遊ぶ場所を奪ったのは誰ですか?

そうして子供の遊び場所が無くなっていくのを、
何の代替案も出さずに許容してきたのは誰ですか?

それを変えようとしなかったのは誰ですか?

それはあなたのせいです。

そして私達大人の責任です。

歩きスマホが(個人的に)邪魔だなあと思って発信するくらいはまあ普通でしょう。

しかし、
車での事故や、
歩きスマホによるホーム転落及び電車接触、
発電施設など入ったら危険な場所への立ち入り。

セミを探している子供がこれらの事故を起こした時は、
子供への注意を喚起したり、
親の監督責任を問うたり、
車のドライバーの責任を問うたり、
ホームに柵を設置していない鉄道会社に柵を設置するよう求めたりするでしょう。
そうして「大人が責任を持つように」扱われます。

誰もセミの責任を問うたりしませんよね?

それが、同じ虫取りであるポケモンGOだとどうしてポケモンGOのせいにするのですか?

どうして任天堂のせいにされるのですか?

車での事故や、
歩きスマホによるホーム転落及び電車接触、
発電施設など入ったら危険な場所への立ち入り。

こういったポケモンGOをプレイ中に起きたと報道された事故は、
ポケモンGOをプレイ中でなくとも、
例えば飛んでいったボールを追いかけたり、
知り合いを見つけて走って行ったり、
興味のある何かを見つけて向かって行ってしまったり、
そういったことで過去にも起きていた事故ばかりです。

せっかく子供が大人と一緒に遊べるものが増えようとしている時に、

あなた方はまた、

危ないからと、

子供の遊びを奪うよう働きかけるのですか?

安全に遊べるように、
本当に危険な方の危険を減らせるよう働きかけるべきではないのですか?

おっさんは、
ポケモンGOが危ないとするなら、
それはポケモンGOのせいではなく、
任天堂のせいでもなく、
子供のせいでもなく、
私たち大人のせいだと思います。

子供の遊びを奪うことで、
子供の身動きを封じることで、
「ほら、安全でしょ?安心でしょ?」
と言うような社会はクソッタレだ。

身の回りの子供が、
危なくないようにポケモンGOを楽しめるようにしてあげるのが、
私たち大人の責任だと思います。

ちなみに、おっさんはこんな記事も書いているので
子供と一緒に安全に遊べるように、
よければ参考にしてみてください。

【ポケモンGO】子供にポケモンGOを遊びたいと言われた時は…iOSエンジニアのおっさんの提案【iOS編】
http://ossan-games.net/?p=537

ちなみに。
本当の虫取りのとポケモンGOの違いについてはおっさんもわかっていて、
ポケモンGOはセミと違って人間が作ったものですから、
そういった危険から遠ざけて遊べるよう工夫する余地はあります。
それについては、わざわざ言及しなくても、
開発者達は取り組んでいます。

今回の記事は、
それらの責任を問う前に、
私たちの責任についてよく考えませんか?
ということです。
お間違えないようにお願いします。

以上、おっさんのおがでした。

【ポケモンGO】超簡単に有害なリンクを見分ける!騙されない方法をアプリ開発者のおっさんが解説します

どうも。おっさんのおがです。

ポケモンGOの人気に乗じて、
スパムリンクを踏ませようとしたり、
アダルトサイトなどの有害サイトに誘導しようとして
「ポケモンGOダウンロードできました!」
とコメントを添えて関係ないリンクを踏ませようとする手法が増えてきました。

本当にポケモンGOアプリのリンクかどうかの判断する方法を書きますので、
参考にしてください。

まず、ポケモンGOはNiantic(ナイアンティック)というアメリカの企業が作っています。
(任天堂はあくまでこのNianticの協業という立場です)

で、正しいダウンロードリンクはこのNiantic(ナイアンティック)という会社のウェブサイトにあります。

ここ
http://pokemongo.nianticlabs.com/ja/

で、このサイトの中にあるダウンロードリンクはこれ。

Androidの人。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nianticlabs.pokemongo

iPhoneの人。
http://itunes.apple.com/jp/app/pokemon-go/id1094591345?mt=8

基本的に、ここに載せた以外のリンクはスパムだと思ってください。

で、リンクが本物かどうかを判断するには、
二つ目のキーワードでチェックしてください、

まず一つ目のキーワードは、

Androidなら
https://play.google.com/

iPhoneなら
http://itunes.apple.com/
https://itunes.apple.com/

です。

これらはそれぞれ、
AndroidのGoogleplayストアと、
iPhoneのAppstoreを示すものです。

リンクの最初がこれらじゃないなら、
関係ないサイトのリンクです。
絶対に触らないでください。

次に二つ目のキーワードは、

Androidなら
id=com.nianticlabs.pokemongo

iPhoneなら
id1094591345

です。

これは、それぞれのストア内でポケモンGOを示すキーワードです。

まとめますと、

Androidならリンクの先頭が
https://play.google.com/
で、
id=com.nianticlabs.pokemongo
が含まれていること、

iPhoneならリンクの先頭が
http://itunes.apple.com/
https://itunes.apple.com/
で、
id1094591345
が含まれていること。

簡単なので、リンクをタッチする前に、
一旦冷静にリンクを見ましょう。

よくわからない人は、
開発元の会社であるNiantic(ナイアンティック)のウェブサイトからダウンロードしましょう。

ここ
http://pokemongo.nianticlabs.com/ja/

まあ、7月22日の現時点では日本で配信されていないので、
上のリンクから落とそうとしてもダウンロードできませんけどね…

この記事が役に立ったと思った方は、
下のリンクからポケモンGOをダウンロードしてもらえると、
おっさん少し儲かるので嬉しいです。
(iPhoneの方だけ)
https://itunes.apple.com/jp/app/pokemon-go/id1094591345?mt=8&at=1000l4UE
ちゃんとhttps://itunes.apple.com/から始まっていて、
id1094591345が含まれています。

このリンクを不用意に踏もうとした人は、
騙されやすいので特に気をつけてくださいね!

以上、おっさんのおがでした。

【ポケモンGO】なぜ日本での配信は後回しとなったのか?スマホゲーム業界で働くおっさんが解説

どうも。おっさんのおがです。

7月22日追記 —
ポケモンGOが日本での配信を開始しました。

追記終わり —

ポケモンGOの海外での盛り上がりはおっさんの予想をはるかに超えていました。

まさかここまでとは。

で、日本発のポケモンというタイトルで、
任天堂と株式会社ポケモンという日本の企業の発案で、
なぜ日本が最初のリリース地域に含まれていなかったのか?

不思議に思ったので少し考えてみました。

で、考えた結果、

「国民性の違いによるマーケティングの都合」

ということだろうとおっさんは考えました。

日本人の国民性。

それは、

1.新しいものには批判が強く、すぐに規制しろと騒がれる。

2.何か問題が起こると、それ以外のいい部分よりもその問題点にばかり注目が集まり叩かれる。

3.一部の常識のない人間が馬鹿な使い方をすると、なぜかサービス提供者の責任にされる。

4.しかし、すでに大勢に広がって常識となったことや流行ってるもの、前例のあるものには盲目的にトコトン甘い!!

多くの人がプレイすると、
どうしても一部にマナーや常識が守れない輩が発生します。
これはゲームに限らず、人が集まると一定の割合でそういった人間性の微妙な人がいるからです。

で、ポケモンGOは位置情報を使うゲームです。
なので、不法進入や立ち入り禁止区域への進入による事故、歩きスマホによる事故などは製作者チームも想定していたことでしょう。
結局そのあたりは、ゲーム云々ではなくプレイヤーの人間性の問題なのですが、
日本を最初の配信地域にしてしまうとサービス提供者の責任にされかねません。

最悪サービス停止に追い込まれるかもしれません。
そうなると、ポケモンというコンテンツへの悪印象が植えつけられ、
ポケモンというコンテンツは日本において死んでしまう可能性があります。

最近の有名人叩きのニュースを見ていると、想像に難くないですよね…

そこで。

日本人の「流行っているものや前例があるものに異常に弱くて、
中身を考えずに盲目的に受け入れてしまう」という傾向を利用し、
まずは新しい体験と問題に寛容な国で、ある程度の前例と、あわよくば流行を作ってしまった後で日本での配信を開始することで、

1.問題発生時のサービス提供者の責任リスクを最小限に抑えつつ

2.日本での流行を最大限に演出

ということを狙ったのだと思います。

だから、おっさんは日本を最初の配信地域に選ばなかった任天堂と株式会社ポケモン、Nianticの製作チームの判断を個人的には恨みつつ、
めちゃめちゃ賢いな〜と感心してしまいました。

自分にあまり関係のないことを不必要に叩く風土がある限り、
新しいサービスが日本から始まることはおそらくもうないでしょうね〜。

こんな大きなヒットコンテンツで成功を収めたマーケティング事例として
「日本での展開は後回しにした方がいい」
というノウハウが作られてしまいますからね。

2016/7/15追記

以上、おっさんのおがでした。

【ポケモンGO】ポケモンGOの配信はやはり今日7月11日が濃厚!?プレイ可能報告が続々

どうも。おっさんのおがです。

ポケモンGOの配信が7月11日ではないかと予想されていましたが、
どうやら本当に配信準備が整ってきているようです。

iPhone版のポケモンGOはまだダウンロードできませんが、
Android版はすでにダウンロード可能となっていて、
そちらのユーザーがポケストップなどの配信を確認しているようです。

これは、iPhone版も準備が整い次第公開手続きを開始しそうな雰囲気ですね!

以上、おっさんのおがでした。