スマホゲーマーが格安SIM(MVNO)を利用してみた話

どうも。おっさんのおがです。

スマホゲームばかりしているおっさんが、
格安SIM(MVNO)を利用してみた話です。

この記事は2017年2月23日に書いてます。
ここに書いてある内容は、今後改善するかもしれないし、悪化するかもしれません。

おっさんが使っている格安SIMはIIJmioのドコモ回線。
2016年10月10日に契約して、5ヶ月間くらい使用してます。

利用してみた感想を簡潔に言うと、

通信の品質は概ね問題ない。
リアルタイム通信系のゲームも問題なくプレイできる。

ただし、
電車では通信が瞬断する場所がある。
地下鉄では通信できない場所もある。
そのせいで移動しながらリアルタイム通信系のゲームをするのはキツイ。

と言った感じ。

おっさんは電車内でシャドウバースやクラッシュロワイヤルをよくやっていたのですが、
特定の場所で通信の瞬断が発生してデュエルが中断することがあり、電車内でのプレイは諦めました。

特にクラロワは1度瞬断するとそのデュエルは復帰できず負けになるので、
電車での通勤時間が主なプレイ時間であるおっさんは、プレイ自体を諦めました…

シャドウバースは、通信が不安定ですと表示された後にネット接続をやり直す(飛行機モードをオン、オフする)ことで数秒後に復帰できるので、続けてプレイできています。

ターン制の対戦ゲームはなんとかなりそうですが、
ガチのリアルタイム通信対戦ゲームであるクラロワや、コンパスなんかも無理だと思います。

おっさんが確認した範囲では、東横線の武蔵小杉周辺で必ず瞬断が発生。

あと、銀座戦と半蔵門線の乗り換えでよく使う表参道ではほぼ通信できません。

ただ、それ以外の不満点はほぼ無いです。

むしろ毎月1万円近く払っていた料金が3000円未満になったので、満足してます。

リアルタイム系の対戦ゲームを電車での移動でもガチでやりたい人はやめたほうがいいと思いますが、

リアルタイム通信ゲームはWifi接続して落ち着いてプレイして、
移動時間は他のゲームをする、
というスタイルで満足できる方には、
キャリアの回線は過剰品質だと思われます。

ちなみに、格安SIMの通信品質は時間帯や場所によってかなりムラがあります。

おっさんの生活圏は横浜と東京都内あたりで、
電車でプレイするのは大体8-10時と19-21時くらいがメイン。

他の場所や地方だったり、異なる時間帯だとここに書いてあることとは違ってくるかもしれませんのでご注意を。

以上。おっさんのおがでした。

スマホゲーム業界で働くおっさんが初めてスマホを持った男子に1番オススメするゲームはこれ!

どうも。おっさんのおがです。

今日は、初めてスマホを持った男子にオススメしたいクラロワことクラッシュロワイヤルの話。


おもちゃみたいなユニットがコミカルにわちゃわちゃ動いて、どこで遊んでも恥ずかしくない世界観。

ガチャが無く、小遣い程度の課金で十分に楽しめるマネタイズ設計。

お金はないけど遊ぶ時間はあるという学生の皆さんには、
スマホを手にしたら、まずクラロワを遊んで欲しい。

友達と一緒に始めればすぐに友達と戦うこともできるし、
ギルドに所属してオンラインの友達を作ることも超簡単。

さほど多くないユニットの中から8体という簡単なデッキ作成、
1回が長くて4分までという短い対戦時間、
対戦ゲームとしてはミニマムで間口の広いルールであるにもかかわらず、
とてつもなく深く遊べるよう設計されたユニットの種類と神がかったゲームバランス。

ちなみに、おっさんが思うゲームバランスの良さとは、
「うまくプレイできたと思った時にキチンと良い結果が出ること」
と、
「相手の取りうる全ての行動に対して”次はこうしてみよう”と思える選択肢があり続けること」
であり、クラロワはそれを完璧に表現できています。

ローディングなどの待ち時間も他のゲームとは比べ物にならないくらい少ないところもオススメ。

遊びたい時にすぐ遊べて、
やめなければいけない時にすぐやめられる。
親の急な呼び出しにも対応できますw

ちなみに、おっさんは配信開始直後から2週間くらいプレイして、面白いなーと思っていました。
そこから、仕事柄もあって違うゲームもたくさんプレイしていたりしたので半年間プレイしていなかったのですが、
久々にやりたくなってインストールしてみたらやはり面白いです。

ガチャを回すためにゲームをする他のスマホゲームも楽しいけれど、
ゲームそのものを楽しむことができるのがクラッシュロワイヤル。

ぜひ。

以上。おっさんのおがでした。