クラロワがグリーをパクった?グリーの特許について調べてみた。

(2018/1/5)
どうも。おっさんのおがです。

クラッシュ・ロワイヤルの開発及び運営を行っているSuperCellが、グリーに「特許を侵害している」として訴訟を起こされたことが話題となっています。
https://twitter.com/ClashRoyaleJP/status/948797862925791233

どのような内容が特許の侵害にあたるのかというと、クラロワのゲーム内お知らせでは以下のように説明されています。
・バトル開始画面にてロック中の宝箱をアンロックしている時の演出
・バトル画面にてすでにアンロックされている宝箱の演出

クラロワのバトルで勝利した報酬でもらえ、時間経過で開けることのできる宝箱に関連する演出のことだと思うのですが、はっきり言って、この宝箱の見た目のデザインは一目見てクラロワのものとわかるほど独自性のある見た目です。

こんなもんを訴えて、本来ならゲームの改善に当てられるはずのSuperCellのリソースをグリーからの訴訟に対して充てる必要があるなんてふざけてます。

おっさんはこの件でグリーに怒髪天な訳ですが、ゲーム開発に携わる人間としてただ怒るだけではなく現状を知っておく必要があるのでグリーの特許について軽く調べてみました。

まずはグリー取得した特許の件数について。

2017年 126件
https://ipforce.jp/applicant-1903-4-1-2017?tabid=2

2016年 211件
https://ipforce.jp/invention-362882-4-1-2016.htm

2015年 214件
https://ipforce.jp/invention-362882-4-1-2015.htm

めっちゃ多いですね…2日に1件くらいのペースで特許を取得しています。

で、肝心の特許の内容はというと、ゲームの仕様とそれを実現するプログラムについてのものがズラリ…

例えば、

・プログラム、制御方法、および情報処理装置
  https://ipforce.jp/patent-jp-B9-6240359
  (デッキを組む仕組みについての特許?)

・ゲーム媒体合成方法、ゲーム媒体合成プログラム、及びサーバ装置
  https://ipforce.jp/patent-jp-B9-5865282
  (カード合成に関するプログラムの特許??)

・インセンティブ付与方法、インセンティブ付与サーバ及びインセンティブ付与プログラム
  https://ipforce.jp/patent-jp-B9-5855307
  (異なるアプリケーション間においてインセンティブ付与の特許???)

のようなものです。

こんなもん特許取りまくってどうするつもりなんでしょうか?
今回、クラロワのSuperSellを訴えたように、売れているゲームを持つ同業他社にこれからも迷惑をかけるつもりでしょうか?

サーバとDBでユーザのデッキを管理する仕組みの特許を持っているからと、パーティを組んだりデッキを組んだりするゲームを訴えるのでしょうか?
次はパズドラ訴えますか?
次はFGO訴えますか?
次の狙いはどのゲームですか?
毎日、他社ゲームの訴えられそうな部分を社員に探させてるんですか?
そうとしか思えないレベルの訴訟内容です。

法的には問題ないのかもしれませんが、
こういう形で特許を利用することは、
他ゲームの開発及び新規ゲーム開発への参入を難しくし、
面白いゲームが生まれる環境を壊します。

適当な名称で特許を取得することで
同名の企業やコンテンツなどを訴えるのと同様の手法です。
個人的には悪用としか思えません。

今回のクラロワの一件で、
もうおっさんはグリー及び関連子会社であるpokelaboやWrightFlyerStudiosのゲームは
遊ばないようにしようと思いました。
グリーという企業は、自らの利益のためなら面白いゲームが生まれにくくなる社会環境になろうと構わない、
むしろ積極的に他企業の邪魔をするつもりの企業だと理解しました。
そんな企業のゲームにお金を払いたくありません。

ちなみに、グリー最盛期?に競合として凌ぎを削りあっていたDeNAは
2013年〜2014年は同様の特許を申請していましたが、2015年以降は0件。
これが何を意味するかはみなさんのご想像にお任せします。
おっさんはDeNAを支持します。

なお、「3Dゲームの壁際カメラ」についての特許で
他3Dアクションゲームのクオリティを長い間劣化させた疑いで有名?なコナミは
グリーよりもさらに酷いです…
https://ipforce.jp/applicant-1898-4-1-2017

毎年コンスタントに200件以上の特許を取得。
2013年は381件もの特許を取得しています。
1日1件以上…

発明の名称についてもグリーのそれとかなり近く、
というかグリーはコナミを参考にしたのでは…?

グリーといえば一時期、他者IPの二次創作のようなきわどいゲームを連発して話題になっていましたが、
企業体質は現在も変わっていないのかもしれません。

最近はpokelaboやWrightFlyerStudiosのゲームに
面白いものやチャレンジングなものが増えてきてちょっとグリーのこと見直してたんですが、
とてもがっかりです…

以上。おっさんのおがでした。

“クラロワがグリーをパクった?グリーの特許について調べてみた。” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA