【ポケモンGO】初めてポケモンをプレイした時の気持ちを思い出した話

どうも。おっさんのおがです。

仕事と子育てと家事とスプラトゥーンの合間に少しづつポケモンGOをプレイしています。

ポケモンGO。
楽しいです。

ポケモンを育てる方法が同じポケモンをたくさん捕まえることであるという点に不満を感じつつも、
好きなポケモンやレアなポケモンを発見して捕獲する度に嬉しくなります。

その嬉しさを求めてポケモンを探し歩くのもワクワクします。

日々ゲットしたポケモンを妻と報告しあう時間もとても好きです。

ここまでポケモンというコンテンツを育ててきてくれた任天堂と株式会社ポケモン、
ポケモンGOの企画を任天堂に持ち込んで開発してくれたNianticにはとても感謝しています。


そんなおっさんが初めてポケモン緑をプレイしたのは小学生の時。

当時からゲームが大好きで、
頭の中ではいつも、ゲームすることばかり考えていました。

ゲームをする時間を確保するためなら早起きをしたし、
ゲームをするためにあえて休日の予定を何も入れないでおきました。

小学生という子供であるが故の不自由な日々の中で、
自分で使い方を決められる僅かな時間のほぼすべてを、ゲームをするために確保していました。

そうしていざゲームを楽しんでいると、
親に畑や田んぼの手伝いを言いつけられたり、
墓参りや地域のイベントなどに駆り出されたりといった妨害に遭い、
その度に、不機嫌になっていたことを覚えています。

当時、
おっさんの親はゲームに対してあまりよく思っていませんでした。
外の世界にもっと興味を向けなさいと、よく言われました。

が、子供の興味に対しての理解はあった方で、
ゲームが欲しいといえば、可能な限り善処してくれる親でした。

お年玉などもある程度の割合を自由に使うことを許されていて、
それをゲームに充てることも特に咎められませんでした。

そうして少年時代をどっぷりゲームに費やしていたおっさんは、
ある日ポケモンに出会います。

その時点でおそらくポケモン赤緑の発売から1年近く経っていたと思います。

ポケモンは発売後、
長い期間をかけて徐々に認知されて広がっていったゲームでした。

小学校のサッカー部の先輩が面白いと言っていたのを聞いてポケモンというゲームの存在を知り、
すぐさま行きつけのゲームショップに連れて行って欲しいと親に頼み込んだ記憶があります。

赤にするか、緑にするか、
行きの車の中で悩みに悩んで、
結局、特に理由もなく緑にしました。

新しいゲームを買った時はいつもそうなのですが、
家に着くのが待ちきれずに車の中でソフトの箱を開けて説明書を熟読しました。

家に着くなり初代ゲームボーイを起動。
任天堂のロゴの登場の後に「ピコーン!」という独特の電子音。

タイトルの音楽を聞いた時のワクワクする気持ちは、今でも鮮明に思い出せます。
https://youtu.be/V0sHeCUrDfo
いまでも、この音楽を聴く度に当時の気持ちを思い出して胸が熱くなります。

ゼニガメと一緒にいろんな草むらに入ってはモンスターボールを投げ、

その辺のNPCから500円で買ったコイキングを連れ回し、

サファリパークでラッキーを見つけて興奮し、

ミュウツーの強さに感動して家に友達を呼んでバトルさせて、

ミュウが欲しくてバグ技を試しまくったあの日々。

おっさんの20年以上のゲーム人生でもトップクラスの充実した日々でした。

時期を同じくしてアニメ版のポケモンが放映開始され、
アニメを見ながら「現実にもポケモンがいればいいのに」とか「ポケモンの世界に行きたい」とか、
子供らしい願望を抱いていました。


最初にポケモンGOの情報が公開されてからずっと遊べる日を待ちわびていたおっさんは、
最初の国で配信が開始されたと聞いた時、
すぐに日本でも遊べるようになると思い本当にワクワクしました。

家に着くのが待ちきれずに車の中でソフトの箱を開けて説明書を熟読したように、
毎日狂ったようにツイッターでポケモンGOを検索したり、
ポケモンGOの公式サイトを開いたりしていました。

その後、日本での配信は最初の国の配信から2週間ほど遅れました。

その間、ソフトを買ったのにずっと家に着かない車の中にいる気分でした。


7月22日の朝。
突然、日本でポケモンGOの配信が開始されました。

電車通勤中の乗り換えをしながら急いでプレイを開始したポケモンGO。

最初のポケモンはフシギダネにしようと思っていたのですが、
なんの巡り合わせか、
不安定なGPSのいたずらで勝手にゼニガメとエンカウント。

小学生の時に遊んだポケモン緑の時と同じ選択となったことに不思議な縁を感じながらその日の仕事をこなしました。

いざ遊んでみたポケモンGOが楽しかったという話は、記事の冒頭でも述べた通り。

それとは別に、今日までポケモンGOを遊んでいるおっさんが感じていることがもう一つあります。

それは、ポケモンGOのパラレルワールド感。
小さい頃に夢見た
「現実にもポケモンがいればいいのに」
の実現とでもいいましょうか。

まだ作られ始めたばかりの拙い世界ですが、
現実世界に寄り添う形でポケモンが生きている場所が作られていっているというこの感覚。

今はまだ、
拙い世界であるがゆえに現実にも多少の迷惑をかけて批判されたり、
「すぐに飽きる」とか「やることない」のような声も聞かれますが、
おっさんは、ポケモンGOのその先にある世界を想像するだけでワクワクが止まりません。

現実世界にポケモンのいるパラレルワールドが作られて、
これから日々その世界がアップデートされていき、
私たちはそこで遊ぶことができる。

そのワクワク感に、
おっさんは中身が小学生に戻ってしまったような錯覚に陥ります。

そんなおっさんは、
そんなポケモンGOの世界が順調にアップデートされていく助けとなれるよう、
今日もルアモジュールを撒きたいと思います。

以上、おっさんのおがでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA