【新作レビュー】「天穹のアルクルス」初回プレイレビュー

どうも。おっさんのおがです。

新作ゲームをプレイした感想です。

細かいゲーム性や仕様についての解説は他のゲームメディアに任せるとして、
このレビュー記事ではプレイしたことにより得られる体験について書きたいと思います。

また、評価の低いゲームには改善提案なども書きます。

評価の星の数はあくまでおっさんの私的な評価です。
ゲームのクオリティを表すものではありません。

今回は


SQUARE ENIX INC「天穹のアルクルス」


をプレイしました。

評価は★★★☆☆

キャラの移動した経路にいた敵に対して攻撃する、
ファイアーエムブレムのようなSRPGに近いバトルRPG。

味方の上を通った後に敵に攻撃すると、
経路にいた味方も一緒に攻撃できる。

システム的には結構面白いと思いました。
が、ゲームバランスが悪くワンパターンの展開を強いられてしまう…

キャラによって一回に移動可能な距離が異なるのですが、
1番距離が長いキャラが強い。
マルチをやっていてもそのキャラしか使われていません。

回復スキルや攻撃スキルもありますが、効果が低く意味がない。
ひたすら移動距離が長いキャラで味方を経由して攻撃していればいいゲームとなってしまっています。

移動距離の短いキャラになんらかのメリットがあればもっと面白くなっていたはずです。
というか、今からでも変更したら楽しくなるはず。

経由した味方を回復できるとか、
単体でも攻撃力が高いとか、
ワープしてから移動開始できるとか、
斜めにも移動できるとか、
そういったメリットがあればよかったように思います。

そうすれば、
キャラ毎に活きる状況が異なるようになり、
編成やバトル中の工夫にバリエーションが出て面白くなりそうです。

また、マネタイズにガチャを使っていますが、
装備だけではこのご時世、
ちょっと弱いと思います…

それと、個人的には人形劇みたいなストーリー進行パートは見ていて苦痛です。

以上、おっさんのおがでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA