【ポケモンGO】なぜ日本での配信は後回しとなったのか?スマホゲーム業界で働くおっさんが解説

どうも。おっさんのおがです。

7月22日追記 —
ポケモンGOが日本での配信を開始しました。

追記終わり —

ポケモンGOの海外での盛り上がりはおっさんの予想をはるかに超えていました。

まさかここまでとは。

で、日本発のポケモンというタイトルで、
任天堂と株式会社ポケモンという日本の企業の発案で、
なぜ日本が最初のリリース地域に含まれていなかったのか?

不思議に思ったので少し考えてみました。

で、考えた結果、

「国民性の違いによるマーケティングの都合」

ということだろうとおっさんは考えました。

日本人の国民性。

それは、

1.新しいものには批判が強く、すぐに規制しろと騒がれる。

2.何か問題が起こると、それ以外のいい部分よりもその問題点にばかり注目が集まり叩かれる。

3.一部の常識のない人間が馬鹿な使い方をすると、なぜかサービス提供者の責任にされる。

4.しかし、すでに大勢に広がって常識となったことや流行ってるもの、前例のあるものには盲目的にトコトン甘い!!

多くの人がプレイすると、
どうしても一部にマナーや常識が守れない輩が発生します。
これはゲームに限らず、人が集まると一定の割合でそういった人間性の微妙な人がいるからです。

で、ポケモンGOは位置情報を使うゲームです。
なので、不法進入や立ち入り禁止区域への進入による事故、歩きスマホによる事故などは製作者チームも想定していたことでしょう。
結局そのあたりは、ゲーム云々ではなくプレイヤーの人間性の問題なのですが、
日本を最初の配信地域にしてしまうとサービス提供者の責任にされかねません。

最悪サービス停止に追い込まれるかもしれません。
そうなると、ポケモンというコンテンツへの悪印象が植えつけられ、
ポケモンというコンテンツは日本において死んでしまう可能性があります。

最近の有名人叩きのニュースを見ていると、想像に難くないですよね…

そこで。

日本人の「流行っているものや前例があるものに異常に弱くて、
中身を考えずに盲目的に受け入れてしまう」という傾向を利用し、
まずは新しい体験と問題に寛容な国で、ある程度の前例と、あわよくば流行を作ってしまった後で日本での配信を開始することで、

1.問題発生時のサービス提供者の責任リスクを最小限に抑えつつ

2.日本での流行を最大限に演出

ということを狙ったのだと思います。

だから、おっさんは日本を最初の配信地域に選ばなかった任天堂と株式会社ポケモン、Nianticの製作チームの判断を個人的には恨みつつ、
めちゃめちゃ賢いな〜と感心してしまいました。

自分にあまり関係のないことを不必要に叩く風土がある限り、
新しいサービスが日本から始まることはおそらくもうないでしょうね〜。

こんな大きなヒットコンテンツで成功を収めたマーケティング事例として
「日本での展開は後回しにした方がいい」
というノウハウが作られてしまいますからね。

2016/7/15追記

以上、おっさんのおがでした。

“【ポケモンGO】なぜ日本での配信は後回しとなったのか?スマホゲーム業界で働くおっさんが解説” への 47 件のフィードバック

    1. 鋭いご指摘、ありがとうございます。
      PL法に抵触する事案かどうかは、事故があった当人とサービス提供企業が個別に訴訟をや示談を経て明確に解決していけば良いと思います。
      それとは別に、そういった個別の事故を元に、関係ない人たちが叩きまくって潰されるようなことにならない状況を作るために、日本での配信は後回しにしたのではないかな?という考察記事です。

      1. よくわかりませんが、ソフトウェアやサービスによる被害はPL法の範疇なんですかね。

        PL法でないにしても、例えば、歩きスマホの対策として、使用者本人ではなく、メーカーが責任を負うべきかって話に近いと思うのですが。

        1. 法的な話は弁護士に聞くか実際に裁判が起きて判例が作られるまで確かなことは言えませんのでこれ以上言及しません。
          今回の記事は、そういった責任リスクをなるべく負わなくて済むように日本でのリリースを遅らせたのは賢いなと感じた。という記事になります。

          1. PL法に関しては消費者庁直々のウェブページでソフトウェアは該当しない旨が書かれています。
            検索して最上段に出る情報すら知らないのにそれをダシにして否定したい人がいる。これはもうどうしようもないですね・・・。

            あくまでシビアな判断を下した、制作チームの判断は賢いと納得させられる記事でありました。

  1. ほー、たしかに日本人て流行ってる物は批判しないですよね
    これは賢い
    同調圧力的なものに影響を受けやすいと日本人はよく言われますからねぇ

    単純に開発元が米国企業だからだと思ってました。笑

    1. 単純にNianticが開発、配信元だからということが全てかもしれませんw
      また、他の理由かもしれませんw
      あくまでおっさんの考察です。

  2. 運営は実際全くそんなことは考えてなかったのかもしれませんが非常に納得させられる考察でした。
    そして※1でとりあえず叩こう、揚げ足を取ろうという輩が出てきてる辺り正にこの考察と一致していますねw

    1. 異論を出すのは良いんですよ。海外も炎上凄いですし。
      あえて問題だとすればそうやって異論を嘲って封じ込めようとすることかなあ。まあこれも日本に限ったことじゃないですが。

  3. 解説…、なのかなぁ。^^;
    Niantic絡みだから、は説得力ある気がします。叩きは”お国柄”よりマーケティング関係の方の影響も大きいんじゃないでしょうか? 3DSの(Wifiで?)位置取得は随分と騒がれていましたし、CS機のネガキャンで得するのは誰かな、なんて事も考えてしまいました。
    いずれにしても、海外で喜ばれるようなヒットは嬉しいですね。大きな問題が起きないといいです。

  4. 本当のところはわかりませんが、日本人は作り手から嫌われてもしょうがないな、という実感はあります。
    後回しで結構だと思います。

  5. Ingressでユーザーが多いことに加えて、ポケモンユーザーも明らかに多い日本でのローンチに慎重だっただけでしょう
    深読みしすぎかな

  6. 一部の国から配信してデータとって様子見してからグローバル配信というのはよくあると思うんですが、
    一週間程度ずれるだけの話でここに書かれてるような目論見がありますかね。。
    見当ちがいな気がしますね。

  7. 7月16日に同じNianticのIngressの大規模イベントが東京であるからですよ。これが終わって、日本でもポケモンGo配信。そのIngressイベントでもポケモンGoについて、発表があるかと。

  8. あー、今は日本をヘイトしときゃ識者みたいな風潮ありますもんね。
    で、承認欲求は満たされました?

  9. 図らずしもこの記事についた否定的なコメントが証明しているような気がしますね。
    単純におもしろく拝読しました。ありがとうございます!

  10. へーそういう見方もあるんだと思って、単に今後の参考にすればいいのに、図らずしもコメントによって理論が証明されてるところに感心と落胆してしまいます。

  11. 穿った見方でケチつけるのは簡単だよね…w
    日本人は島国で色んな民族の混血も多いから多種多様な考えや価値観もあるでしょうが人の考察にケチつける暇あったら自分で何か発信してみれば良いと思うよ常々…。

  12. なるほどね。
    パズドラ位置ゲーが残念な感じだったので、同じように捉えられてしまう可能性があったかもね。

  13. モバイル系に携わっているものですが、
    日本は大きなマーケットだから、テストマーケットとしてオーストラリア、ニュージーランドを選ぶことは結構あるんですが、アメリカが日本より先だった理由としては面白い視点ですね。

    個人的には、アメリカで流行ったものが、日本や世界でヒットしやすい方式もあるかなって思ってました。

    確かに記事にあったように、日本って意識過剰でデメリットを重視しやすいように感じます。
    日本や、アメリカ、他のアジアでも仕事しているので、比較するとそういうのがはっきり感じていました。
    もっと意識をグローバル化してほしいなって、こういう批判的なコメントを見て感じてしまった。

  14. 原案はグーグルマップにエイプリルフールの企画でポケモン登場ってグーグルから(株)ポケモンの米支社へのオファーからだぞw
    開発運営をナイアンテックだし

  15. マーケティング的に、7月16日公開のポケモン映画と合わせただけのような気がしますが、外圧に弱いという考察は考えさせられますね。

  16. 最近のネットの低年齢化と脊髄反射的なコメントの数々に数年触れ(スマホの普及から猛烈に増えた印象ですが)日本のネットに諦めの感情を抱いていましたが、こう的確に指摘できる人物が存在すること(日本人は流行り物に盲信的とか。)に少し気持ちが晴れました(笑)
    なんでも批判が飛んでくる今のネットで心が荒んできているので論理的に納得できるこういった記事を多く目にしたいものです。

  17. この理屈もとても興味深いですし、恐らく戦略として用いていても不思議ではありませんが、1つだけ難点があって
    日本より先に配信開始したアメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、ドイツで絶対流行する事が分かっているか余程の自信が無いと成り立ちません。
    実際のところはingress側のスポンサーの都合かと。何やらingressのイベントの中で日本版を発表するようですし。

  18. Ingressがこんだけ流行している(そして暴力沙汰などの刑事事件も起きている)上、
    Ingressはまだ問題なくサービスを続けているんでちょっと的外れなんじゃ無いかなぁ、
    と思いました。

    あと、日本人は新しいもののデメリットに敏感って言いたがる人いらっしゃいますけど、
    流行ってる訳でも無い変な健康法とか裏付けの不確かな健康食品とかに飛びつく人を見てると、
    日本人は新しいものに対してもっと保守的になるべきだといつも強く思うんですよね……。
    ここでデメリットに敏感な部分まで失われると取り返しのつかない事が起きそうな気がします。

  19. 日本のお国柄については大体その通りなのですが、
    起訴大国おまけに銃社会(不法侵入したら殺される可能性がある)の米国で先にリリースされてるので、根拠とするにはちょっと的外れに感じます。
    アメリカでリリースすれば最悪一日目でユーザーが殺されるかもしれないリスクがあったのに、先を予測する上であえて、他国で流行れば~なんておめでたい方面の考え方を取るでしょうか。
    そもそも「流行り物になる」あるいは「日本人の心に届くほど流行り物扱いされる」確証はなかったわけですし。

  20. リスクコントロールなんて、いつかサブプライムと同じことを起こすぞ より:

    映画も最近は、全米大ヒットとか肩書きを持たしてから、日本で公開するようになりましたよね
    リスクを少しでも減らそうとするのは、日本のお家柄になってしまったのでしょう
    昔は、先を争って同時上映が売りになっていたのに

  21. 任天堂が考えてやっているかに関わらず日本ではそういう傾向が確かにあるなー、と思いました。
    最近、ポケモンgoがニュース番組の特集でやっているのを見ましたが、ポケモンgoのスゴさなどの良い面よりも(イングレスのときには言われなかった)歩きスマホなどの悪い面ばかりを取り上げていました。
    珍しく明るいニュースなのになぜわざわざ暗くするのかが不思議でした。

  22. 「日本人は流行ってる物は批判しない」
    じゃなくて
    「日本のマスコミは流行ってる物への批判は報道しない」
    の間違いじゃないすかね
    マスコミは報道したいように報道し、叩きたいものを叩くものです
    どう考えてもおかしいものでも絶賛・喧伝したり、反対に何がそんなに問題なのかわからないようなものを親の仇のごとくバッシングしたり
    そういう報道姿勢や内容への異論や疑問の声ももちろん報道しませんし
    だから時にマスコミとネットとで対立したりするわけで
    一方でネットに阿って声を拾って見せるのも、自分たちに都合のいいものに限られるわけで…

    かつてファミコンが出来た頃、若年層の犯罪をすべてゲームのせいにする風潮がありましたが、普通の人はさすがに無理があるわーと相手にしませんでした。でももちろんマスコミは自分たちの報道が相手にされてないなんて報じない。日本のマスコミと国民はずーっとそういう関係でうっすらとお互いを白眼視し合ってきました。
    結果 潜在的な世論と乖離し続けているこの国の報道内容をして、日本人の気質と称するのは前提から間違ってるんじゃないでしょうか
    住んでもいないし実際の日本のことなんかわからなくて、マスコミ情報から受ける印象がニッポンのすべて みたいな外国人のような分析だなあと思いました

  23. 批判コメントが来ているあたり日本人の国民性がよく出ているなぁ…と
    考察の裏付けと言えますね
    かく言う私も日本人ですが

  24. やっぱネガキャン対策だよな
    増田さんのブログのコメント欄を見てみろよ…
    遅れている理由がよーくわかるぞ

  25. ingressプレイヤーです。地域住民ににらまれたり、警官に声かけされなんてのはもう回数数えてませんw
    自転車で回ってる連中は、ながら運転で捕まってます。敵同士で暴力沙汰なんてものもちらほらあるんです。
    それでも、一般知名度はそれほど高くないまま何年が過ぎたでしょうか。
    今日はお台場でイージス・ノヴァ東京が盛況でした。ここまで来たかと思います。

    ingressには、良い面も悪い面も含めて、文化にどう浸透していくかを実践してきた歴史があります。
    数年周期でやってくるAR元年とVR元年、マスコミの煽りと関係なく積み上げてきたのです。
    そんなGoogleでさえ、Googleグラスについては、世論や法律を跳ね除けることができませんでしたが・・・

    さてポケモン。送り手には、そんな明暗両面をひっくるめてついてくる風評を、まとめて飲み込む気概が欲しいです。ポケモンが世界に誇る日本のコンテンツだという自負があるならなおさらです。恐れるな、前へ!

  26. その上げた欠点はむしろ日本は世界的には緩いほうだよ
    一大ブームを起こしたもので実際なんか大規模に禁止になった例あるか?
    むしろ世界に比べそういった規制的なものはかなり少ない
    マスコミが作り上げたイメージじゃなくてちゃんとした世界比データで語って欲しい

    1. データを例に挙げるのもいいですが、データに残ったものだけで判断する方が片手落ちではないですか?
      法で規制される前の段階で自主規制で消えたことや、そもそもチャレンジされなかったこと、私刑的なネットリンチで消えていったことやネットリンチで表舞台から消えた人など、そういった例をデータとして統計的に優位な数を集められるのですか?
      日本では「村八分にされるのが怖くて雰囲気でみんな触らなくなる」というデータに残らない要因が多いと思うのですが、
      その辺りは海外はどうなのでしょうか?
      お詳しいようなので是非聞かせていただけませんか?

  27. 海外って一言で行っても、国によってそれぞれで、
    日本人って、日本と、海外(欧米、アメリカ?)ってひとくくりにしがちですけど、実際は国によって多種多様ですね。
    ものによって、日本よりも規制が厳しい国もあると思います。
    アルコールなどはアメリカのほうが規制が厳しいですからね。(犯罪抑制のため)

    日本と主要国で比べるとグローバル(オープン)か、そうじゃないか。みたいなところだと思います。
    日本って、いい意味でも悪い意味でもまだ鎖国していて、街に外国人の人があまりいないん
    ですよね。
    東京が世界トップの大都市にもかかわらず、欧米人や、アメリカ人から、他の大都市に比べて、それほど人気がない理由の1つが、英語が通じないからです。
    アメリカ、欧米、アジア内でも日本は英語が出来ない国で有名です。

    だから、色々な考え方の人たちと出会ったり、それについて意識する機会も少ないと思うんです。
    アメリカを例にすると、本当に色々な国の人達が住んでいるので、「お前たちの考え方は間違っている」って簡単に言えないケースが多いと思うんです。宗教も違いますし考え方が違うんですから。
    だから、グローバルな国って、色々なものごとについてオープンなんだと思います。

    加えて日本は、マスコミとか、テレビが悪いニュースを多く取り上げるので、知らず知らずのうちにマイナス思考に洗脳されてしまっている感はすごいありますね。

    話はそれますが、たまたま検索で見つかったこのブログで、
    こんなに色んな人が、改めて日本人とか日本の国について考えるって、いい機会だなと思った次第です。

  28. ossanさん
    17日のフジテレビ「ワイドナショー」にて、女子高生棋士の竹俣紅さんがossanさんと同様の分析を披露しています。彼女はこのブログを読んだと思いますか?

  29. 事故が起きた場合は自己責任ですね。
    PL法では取扱説明書に事故が起きない使用事項を書いておけばいい訳だし。
    ダウンロードの際に取説を表示し、使用者が承諾にチェックをすればダウンロード可能にすればいいだけ。
    まぁ事故が起きない事が一番ですがね。

  30. 偶然検索で見つけて読ませていただきました。まったく同じ事を思ってましたw

    先ほど、ヤフーニュースのポケモンGO配信延期記事を読んできたんですが、
    そこのコメント欄が判でも押したかの様に「歩きスマホが~」「不法侵入が~」「任天堂の責任が~」の1セットですね。
    全く同じ事しか書いて無いので、読んでる内にうんざりしましたわ。
    テレビもアレですけど、ネットも酷いものです。
    特に任天堂はなぜか憎んでる人がネットでは活動的みたいで、ポジティブな意見を探す方が大変。

    そもそも歩きスマホの責任を任天堂に問うのが間違ってると思いますよ。
    歩きスマホなんてLINEやパズドラなどで以前から問題視されていたのだから、
    本来なら携帯キャリアのdocomo、au、SoftBankや、
    スマホを製造販売しているAppleやSONY等が対策すべき物だと思うのですがね・・・

  31. 車で事故したら車に不具合なくてもメーカーの責任になるっていう様な感じの認識はぁ…そうゆう思考の人は使用するべきで無いんだよなぁ
    本来全て個人の責任で個人各々が対策していくべきなんだよな
    どんなデバイス使おうが自分さえコントロールできない人が犯罪者になって捕まるのは当然の事だろうに 
    その足に自動運転機能でも付いてて事故したらその人を製造したメーカー(親)責任なのかもしれないね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA