ゲームの改造はなぜダメなのか?

(2018/01/21)
どうも。おっさんのおがです。

OPENRECでスプラトゥーン2の生配信を見ていてゲームの改造についての話題が出たのを聞いて、
ゲームを作る仕事をしているおっさんの立場から「なぜゲームの改造はダメなのか」について書きたくなりました。

「違法とされているから」とか「オンラインゲームだと他人に迷惑がかかるから」とかそういう話ではなく、
改造するということの意味についてもう少し突っ込んで語りたいと思います。

まずは「ゲームが楽しい」と思える理由についてなのですが、
ゲームというのは「ゲームバランス」「ゲーム性」が楽しさの根源です。
例えばゼルダBoWが面白いのは、それらが神がかったレベルにあるからです。

1. 世界のどこを歩いていても「あれなんだろう?」が見えてくるオブジェクトの配置

2. 「あれなんだろう?」を見に行くと、道中に適切な苦難が用意されていて、その苦難を突破したことに見合った何かしらの発見や報酬が用意されている達成感や充実感を得られるような「ゲームバランス」

3. 敵を倒す、目的地に到着する、そのために工夫できる手段のバリエーションが無限に感じるほどの「ゲーム性」

そういったゲーム製作者の丁寧なゲーム設計が「面白さ」を作っています。

逆に、つまらないゲーム、いわゆるクソゲーとは「ゲームバランス」「ゲーム性」が低レベルなゲームのことです。
1+1を延々と計算させられるゲームがあったとしたら、それは間違いなくクソゲーです。
興味をそそられる目的もなく、工夫の必要もなく、工夫の余地もなく、達成感もない。

それを踏まえて、ここでおっさんが改造はダメだと思う理由その1を言いますと、

「改造とは、ゼルダBoWを1+1を延々計算するゲームに近づける行為」

だと思うのです。

神ゲーをクソゲーに書き換えて行くことが改造という行為です。

試しに、ゼルダBoWを改造してみましょうか。
1.スタート地点に全部の祠とコログ発見をクリアしたと同等の内容の宝箱がある
2.全ての敵から受けるダメージが0になり全ての敵がたいまつの1撃で死ぬ
3.全ての地点に自由にワープできる

だんだん1+1に近づいてきたように思いませんか?

ちなみに、この観点で言うと、改造によってクソゲーを神ゲーに変えられる可能性もあります。
敵が弱すぎて難易度が低く感じられるゲームがあったとして、
そのゲームを改造して「敵を適切な強さに書き換える」ことによって楽しく遊べるようにできるからです。

例えば、テイルズシリーズでは2周目以降に改造に近い要素を組み込んでから再スタートしたり、敵がとんでもない強さになる難易度が選択できるようになる機能が入っていますが、こういったゲームバランスやゲーム性をちょっと変えて遊び味を変化させることに改造を使うとゲームを楽しめる幅が広がります。

そうやってゲームを楽しむために改造を使うのは、おっさんとしては歓迎すべきことだと思っています。

しかし、オンラインゲームの場合は少し話が違います。
記事の冒頭で少し触れたように、「違法とされているから」とか「オンラインゲームだと他人に迷惑がかかるから」という話になってきます。

オンラインゲームを改造するのは「電車の椅子を壊す」もしくは「勝手に首枕を縫い付ける」ような行為と同等です。
直せなくはないし対策できなくもないが、サービス提供者がそのコスト分を余計に支払わなければならない。
だから「器物損壊」のような形で違法とされます。

オンラインゲームというのは「ゲームバランスやゲーム性という場所を貸している」のです。
サッカー場を借りてサッカーをしたとして、「芝を抜くのが楽しいから芝を抜いて遊びました!」となったら、
もう他のユーザに貸すことができなくなります。
これからもたくさんの人に貸して楽しんでもらって対価をもらおうと予定していたのに、それができなくなりました。
元に戻すための費用と時間などの損失分を弁償しろということになるでしょう。

オンラインゲームにおける改造という行為はそういうことです。
絶対にやめましょうね。

以上。おっさんのおがでした。

任天堂もグリーと同じ特許ヤクザだった…コロプラがどんな特許を侵害したか調べてみた

(2018/1/10 投稿)
(2018/1/16 更新)
どうも。おっさんのおがです。

2018/1/16 追記 —-

どうやら任天堂は、今回の件についての特許を「取得はしたが他社が自由に使うことを容認していた」可能性があり、
むしろそれを特許取得してしまおう(取得してどうする気かは分からないが)という「コロプラ側に悪意があった可能性」があるため、
任天堂を責めるような内容は訂正させていただきます。
今後の訴訟の進行により、詳細は明らかになることと思います。

—- 追記終わり —-

天下の任天堂が、コロプラに特許を侵害しているとして提訴したようです…
タッチパネル上で操作する際に使用する特許技術など5件とのこと。

任天堂法務部最低だわ。
任天堂からこんな言いがかりに近い訴訟を起こされるなんてことになったら、日本では誰もゲーム作れなくなるぞ。

とりあえず、怒ってばかりいてもしょうがないので、今回も任天堂が持つ特許について少し調べてみました。

まずは直近4年間の特許取得件数。

2017年 137件
https://ipforce.jp/invention-845-4-2-2017.htm

2016年 165件
https://ipforce.jp/applicant-1335-4-1-2016?tabid=2

2015年 180件
https://ipforce.jp/applicant-1335-4-1-2015?tabid=2

2014年 194件
https://ipforce.jp/applicant-1335-4-1-2014?tabid=2

グリーと同じような感じですね。
任天堂とコナミが、こういったゲーム特許の流れを作ったのでしょうね。

コロプラが訴えられた原因の特許を探そうと思いましたが、こちらで「任天堂 タッチパネル 操作」と検索すると229件もヒットします…
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopSearchPage.action

基本的に、ゲームプログラムとゲーム装置(DSなどのハード)とセットの特許で、まあそれは特許持っててしかるべきだよなと思うものが多いのですが、
中には以下のようなものもあります。

【公開番号】特開2005-204754(P2005-204754A)
【発明の名称】タッチパネル入力を用いたゲームシステム

タッチパネル上で所定の図形を描くように入力操作をすることで敵キャラに攻撃し、その攻撃の性能を変化させる仕組みの特許?

【公開番号】特開2005-211242(P2005-211242A)
【発明の名称】タッチパネル入力を用いたゲームシステム

フルーツカットのように「対象を切るように指をスライドさせる操作」などのような方法で敵を攻撃し、その攻撃の性能を操作するような仕組みの特許?

コロプラが今回訴えられた特許についてはちょっと多すぎて探せませんでした…
(特許のタイトルも同じようなものばかりだし探せない…)
が、こういった種類の特許の侵害ということなのだと思います。

コロプラも今回問題となっている「ぷにコン」については特許を取得しているのですが、
それは「プニプニした感じがする体験を提供する見た目のデザイン」の特許であり、
それは納得。十分独自性あると思います。

ですが、任天堂が主張している「タッチパネル上でのジョイスティックの仕組み」なんて、
ちょっと考えたらみんなそういう仕組みになるでしょ。
特許を認めるほどの独自性があるとは思えない…

任天堂という名実ともに日本トップのゲームクリエイト企業が、
こういうヤクザのみかじめ料のようなビジネスを行うなら、
もう日本ではまともにゲーム作れないかもしれませんね。

マジで任天堂最低…

以上。おっさんのおがでした。

クラロワがグリーをパクった?グリーの特許について調べてみた。

(2018/1/5)
どうも。おっさんのおがです。

クラッシュ・ロワイヤルの開発及び運営を行っているSuperCellが、グリーに「特許を侵害している」として訴訟を起こされたことが話題となっています。
https://twitter.com/ClashRoyaleJP/status/948797862925791233

どのような内容が特許の侵害にあたるのかというと、クラロワのゲーム内お知らせでは以下のように説明されています。
・バトル開始画面にてロック中の宝箱をアンロックしている時の演出
・バトル画面にてすでにアンロックされている宝箱の演出

クラロワのバトルで勝利した報酬でもらえ、時間経過で開けることのできる宝箱に関連する演出のことだと思うのですが、はっきり言って、この宝箱の見た目のデザインは一目見てクラロワのものとわかるほど独自性のある見た目です。

こんなもんを訴えて、本来ならゲームの改善に当てられるはずのSuperCellのリソースをグリーからの訴訟に対して充てる必要があるなんてふざけてます。

おっさんはこの件でグリーに怒髪天な訳ですが、ゲーム開発に携わる人間としてただ怒るだけではなく現状を知っておく必要があるのでグリーの特許について軽く調べてみました。

まずはグリー取得した特許の件数について。

2017年 126件
https://ipforce.jp/applicant-1903-4-1-2017?tabid=2

2016年 211件
https://ipforce.jp/invention-362882-4-1-2016.htm

2015年 214件
https://ipforce.jp/invention-362882-4-1-2015.htm

めっちゃ多いですね…2日に1件くらいのペースで特許を取得しています。

で、肝心の特許の内容はというと、ゲームの仕様とそれを実現するプログラムについてのものがズラリ…

例えば、

・プログラム、制御方法、および情報処理装置
  https://ipforce.jp/patent-jp-B9-6240359
  (デッキを組む仕組みについての特許?)

・ゲーム媒体合成方法、ゲーム媒体合成プログラム、及びサーバ装置
  https://ipforce.jp/patent-jp-B9-5865282
  (カード合成に関するプログラムの特許??)

・インセンティブ付与方法、インセンティブ付与サーバ及びインセンティブ付与プログラム
  https://ipforce.jp/patent-jp-B9-5855307
  (異なるアプリケーション間においてインセンティブ付与の特許???)

のようなものです。

こんなもん特許取りまくってどうするつもりなんでしょうか?
今回、クラロワのSuperSellを訴えたように、売れているゲームを持つ同業他社にこれからも迷惑をかけるつもりでしょうか?

サーバとDBでユーザのデッキを管理する仕組みの特許を持っているからと、パーティを組んだりデッキを組んだりするゲームを訴えるのでしょうか?
次はパズドラ訴えますか?
次はFGO訴えますか?
次の狙いはどのゲームですか?
毎日、他社ゲームの訴えられそうな部分を社員に探させてるんですか?
そうとしか思えないレベルの訴訟内容です。

法的には問題ないのかもしれませんが、
こういう形で特許を利用することは、
他ゲームの開発及び新規ゲーム開発への参入を難しくし、
面白いゲームが生まれる環境を壊します。

適当な名称で特許を取得することで
同名の企業やコンテンツなどを訴えるのと同様の手法です。
個人的には悪用としか思えません。

今回のクラロワの一件で、
もうおっさんはグリー及び関連子会社であるpokelaboやWrightFlyerStudiosのゲームは
遊ばないようにしようと思いました。
グリーという企業は、自らの利益のためなら面白いゲームが生まれにくくなる社会環境になろうと構わない、
むしろ積極的に他企業の邪魔をするつもりの企業だと理解しました。
そんな企業のゲームにお金を払いたくありません。

ちなみに、グリー最盛期?に競合として凌ぎを削りあっていたDeNAは
2013年〜2014年は同様の特許を申請していましたが、2015年以降は0件。
これが何を意味するかはみなさんのご想像にお任せします。
おっさんはDeNAを支持します。

なお、「3Dゲームの壁際カメラ」についての特許で
他3Dアクションゲームのクオリティを長い間劣化させた疑いで有名?なコナミは
グリーよりもさらに酷いです…
https://ipforce.jp/applicant-1898-4-1-2017

毎年コンスタントに200件以上の特許を取得。
2013年は381件もの特許を取得しています。
1日1件以上…

発明の名称についてもグリーのそれとかなり近く、
というかグリーはコナミを参考にしたのでは…?

グリーといえば一時期、他者IPの二次創作のようなきわどいゲームを連発して話題になっていましたが、
企業体質は現在も変わっていないのかもしれません。

最近はpokelaboやWrightFlyerStudiosのゲームに
面白いものやチャレンジングなものが増えてきてちょっとグリーのこと見直してたんですが、
とてもがっかりです…

以上。おっさんのおがでした。