なわばり最強?スプラスピナーリペアでハコフグ倉庫

どうも。おっさんのおがです。

スプラスピナーリペアがナワバリバトルで強すぎるので動画撮ってみました。

Youtube

ニコニコ

メインの塗りとクイボラッシュの塗りがえげつない。
めっちゃ楽しいです!

でもガチは。。。

以上。おっさんのおがでした。

2016年4月29日のおっさん的注目スマホゲームニュース

2016年4月29日のおっさん的注目スマホゲームニュース

どうも。おっさんのおがです。


今日のトピックス

明日のニコニコ超会議ではイカ研究員がガチ盆マッチに参戦!?
強そう…

任天堂が決算の質疑応答の詳細を公開。


— 引用 —
ソフトのラインアップがハード発売時に揃っていることも今回NXの発売時期を決めた理由の1つです。
— 引用終わり —
NXは発売開始時からそれなりにタイトルが揃っていることが期待できそう!?
サードパーティのタイトルもたくさん出てきてほしいです。
Unityで3DS向けソフトが開発できたりするし、PS4とNX向けの同時発売タイトルとか出てくるといいなあ。
と思います。


AppStoreトップセールス変化
(19:00時点)

昨日サービス開始のヴァルキリーアナトミアが54位にランクイン。
やってみた所感としては、ヴァルキリープロファイル1の完全劣化で、かなり期待はずれ。
バトル以外の部分に魅力を感じませんでした。
ランクインは意外ですね。

シリコンスタジオの刻のイシュタリアが87位にランクアップ。
何かイベントでもやってるのかな?

テラバトルが久々のランクインで121位に。

ポケモンコマスターが133位に。
ガチャにミュウツー追加の効果が出るのは明日か?
それとも、やはりこのゲームの形ではガチャのマネタイズは厳しいんですかねー。


以上、おっさんのおがでした。

2016年4月28日のおっさん的注目スマホゲームニュース

どうも。おっさんのおがです。

2016年4月28日は注目のスマホゲームが3タイトルもサービス開始しました!

忙しいですね!


今日のトピックス

コロプラのドラゴンプロジェクトは夏前リリースを見込む
http://gamebiz.jp/?p=160792

神ゲー制作会社のRayarkが『VOEZ』を5月26日に配信決定。
『Cytus』『DEEMO』に続く新作音楽ゲーム第三弾。
http://gamebiz.jp/?p=160884

ヴァルキリーアナトミア ‐ジ・オリジン‐』の正式サービスが開始。
おっさんもこれからやります…!!
http://gamebiz.jp/?p=160850

任天堂がスマホ向け『どうぶつの森』『ファイアーエムブレム』について言及。
コンシューマとの連携など新しい遊び方を模索しているらしい。
http://gamebiz.jp/?p=160837

マーベラスが『スマッシュドラグーン』の正式サービスを開始。
おっさん的には微妙だったかな…
http://gamebiz.jp/?p=160800


AppStoreトップセールス変化
(19:00時点)

FateGOが1位に。
イベントの度に1位を獲得する化物タイトルになりましたね。

ワンピースサウザンドストームが8位に。
クオリティ高いので上がってくるとは思ったけど、ここまでくるとは…

セブンナイツがアップデートの影響で10位まで上昇。
面白いですからね。セブンナイツ。

SuperCellのクラッシュロワイヤルがリリース以降ジリジリと順位を下げ続ける展開。
現在47位。
面白い対戦ゲームも、目新しい更新がないと売上を維持するのは厳しいということなのでしょう。


以上、おっさんのおがでした。

2016年4月27日のおっさん的注目スマホゲームニュース

どうも。おっさんのおがです。

今日から、日々おっさんが集めているニュースをなるべく毎日ここにまとめて書いていきたいと思います。

今日は結構衝撃的なニュースが多いです…!!


注目ニュース

任天堂、スマホ向け『どうぶつの森』と『ファイアーエムブレム』を2016年秋配信予定 | Social Game Info gamebiz.jp/?p=160750


AppStoreトップセールス変化
(19:00時点)

ワンピースサウザンドストームがいきなり22位にランクイン。
代わりにトレジャークルーズが75位まで急激にランクインダウン。

ワールドクロスサーガがジリジリと順位を上げ34位に。

ドラゴンスラッシュが突然の再ランクインで78位に。
大型アップデートの影響?

戦国アスカzeroが85位にジリジリと上昇中。

逆転オセロニアがランク外から91位に再ランクイン。

ハースストーンが先日のアップデート以降10代の高順位を維持。

以上、おっさんのおがでした。

リセマラ不要!ワールドクロスサーガ初心者がやるべき4つのこと。

どうも。おっさんのおがです。

神ゲーと噂されているワールドクロスサーガですが、
自分のペースで遊べるゲームですので、
出遅れた方もいつでも始めてみるといいと思います。

そこで、ゲーム開始時に初心者がやるべきことをまとめました。


1.リセマラしない

このゲームは最高レアのキャラを獲得することよりも育成の方が重要です。
特にゲーム開始直後ほど育成が重要になっています。

また、キャラを育成することでそのキャラが持つスキルをスキルの書として手に入れることができ、他のキャラに装備させることができます。
wakusaga-skillnosyo
後から高レアのキャラを獲得した時に獲得したスキルの書を装備させることで、
自分なりの編成のキャラを作ることができるので、
強いスキルを持ったお気に入りのキャラを育てることは損にはなりません。

リセマラする暇があったらさっさとゲームを開始してしまって、
ストーリーと闘技場でトキノクリスタル(課金アイテム)をゲットしてガチャを回しつつ、
気に入ったスキルを持ったキャラをガンガン育てましょう。


2.ストーリークエストを進める

ストーリークエストを進めることで、以下を獲得できます。
・マテリア(キャラの強化アイテム)
・トキノクリスタル(課金アイテム)
クエストに必要なスタミナを余すことなく使って進めましょう。

トキノクリスタルがキャラ10連が回せるまで(250個)貯まったら、
ガンガンキャラガチャを回して育てたいキャラを見つけましょう。

マテリアは、キャラのマテリアボードにセットすることで
キャラのパラメータを強化できるアイテムです。
wakusaga-materiaboad
レア度の低いものを複数組み合わせることで高レアのマテリアを作ることができるので、
いくつあっても損になりません。
ガンガン手に入れてお気に入りのキャラのマテリアボードにセットしましょう。


3.闘技場でギブアップマラソン

闘技場とは、プレイヤー同士の対戦(PvP)機能です。
wakusaga-pvp

プレイヤー対戦なんて怖い!負けたら損する!?などと思う必要はありません。
最初のうちはマッチング即ギブアップしてしまいましょう。
wakusaga-pvpgiveup
ギブアップで負けても、かなりの量の報酬を獲得できます。
例えば、
・トキノクリスタル(課金アイテム)
・キョーカちゃん(キャラの強化アイテム)
・各種進化素材(エンブレム,進化マテリア)
などです。
こんな感じ。
wakusaga-pvpgiveupreward

トキノクリスタルについては始めての相手とマッチングすると5個もらえます。
(おっさんは初顔合わせのトキノクリスタル初顔合わせもう貰えなくなってるので、上の画像では貰えてません)
ストーリークエストと合わせてキャラ10連ガチャが回せる分の
トキノクリスタルがすぐ集まります。

キョーカちゃんは、キャラのマテリアボードの中央部分の
「強化」ボタンをタップすることで使うことができる強化アイテムです。
wakusaga-materiaboad
wakusaga-kyoka
ガチャで新しく獲得したキャラを強化して即戦力として使えるようにできます。

進化素材はそのうち必要になるのでガンガン貯めておきましょう。

闘技場の参加に必要なBPは3つしか貯められません!
BPの回復時間は30分。1時間30分で満タンになります。
こまめにログインしてギブアップマラソンをこなしましょう。


4.強化イベントクエストでキャラを育てよう

キョーカちゃんやクエスト経験値で
キャラのレベルが上がりにくくなってきたなーと思ったら、
「経験の扉」というクエストに行きましょう。
wakusaga-eventquest
wakusaga-expquest
このクエストをクリアするだけでガンガンレベルが上がります。


簡単ですね!
初心者はこの4つを意識してプレイしてみてください。

ワールドクロスサーガは本当にクオリティ高いので超オススメです。
ギルド機能もなく、一人でまったり遊ぶタイプのゲームですので、
ゲーム上でのコミニュケーションが苦手な方に特にオススメします。
ぜひ一度やってみてはいかがでしょうか?

以上。おっさんのおがでした。 
 

ポケモンコマスター ウレックスの全報酬と獲得できるコマのデータ一覧

どうも。おっさんのおがです。

ポケモンコマスターのウレックス(最初の建物)をコンプリートクリアしました。

報酬を全部書きます。

ウレックス
1 バトルで戦線を突破せよ!
バルキー
pokekoma-palkie

2 速攻をしのげ!MP3
ビッパ
pokekoma-bippa

3 ころがるマリル
ヤヤコマ
pokekoma-yayakoma

初クリア報酬
仮面

4 絶対無敵の青ワザ!?
マリル
pokekoma-maril

5 オタチのけいかいする
モノズ
pokekoma-monozu

6 けいかいしてまもる
オタチ
pokekoma-otati

7 迅速の白と堅甲の青と
ヤヤコマ
pokekoma-yayakoma

初クリア報酬
ダイヤ10個

8 とびまわるオニスズメ
ヒメグマ
pokekoma-himeguma

9 危険なイシツブテ
バルキー
pokekoma-palkie

10 ブルーがほえる
イシツブテ
pokekoma-ishitubute

11 サイコパワーでベンチおくり
ブルー
pokekoma-blue

初クリア報酬
仮面

12 フィギュアコレクター
ニャスパー
pokekoma-nyasper

初クリア報酬
ピカチュウ
pokekoma-pikachu

ここまではずっとAI使ってれば勝てますね〜。

以上、おっさんのおがでした。

ワールドクロスサーガをプレイしてみた所感

どうも。おっさんのおがです。

リリース直後からめちゃ評判がよく、
ダウンロード数も売り上げもウナギのぼりのワールドクロスサーガをやってみました。
公式サイト

まず一言で感想をいうと、

「クオリティ高え!けどゲームバランスいまいち」

です。

ストーリー、キャラ、育成システムのクオリティが高く、楽しいです。

具体的には、

・ガチャで排出されるレアキャラがメインストーリーに絡んできてしっかり掘り下げられる
・キャラの絵が綺麗
・音楽が伊藤賢治
・同じキャラでも育成や共闘時のスキルにオリジナリティが作れる
・バトルシステムが難し過ぎず簡単過ぎない絶妙な複雑度といいテンポ感
・ロード長えな…と思ったことがない(iPhone5sでプレイして)
・ゲーム開始後少しプレイすると最高レア確定の11連ガチャが回せる

といった感じ。

スマホRPGジャンルでは、いまのところダントツのクオリティだと感じました。

特にバトルシステムのオリジナリティが光っていて、
「特殊効果を持った行動順の枠をキャラの素早さの順に奪い合ってコマンドをセット」
という単純なバトルシステムが新しい。

オルタンシアサーガをやったことのある人は、バトルが似ていてイメージしやすいと思います。
オルサガのバトルからあまり意味をなしていない陣形の要素を外して、
セットできるコマンドにバリエーションをもたせて、
ターン制にした感じの上位互換的なバトルシステムになっています。

やりたいスマホRPGを探している方はとりあえずやって損はないと思います。

でも残念な点もあって、
育成要素が複雑なせいかゲームバランスがいまいちなのです。

まず、闘技場(プレイヤー対戦)のマッチングが雑。
めちゃ戦力差のある相手と平気でマッチングされるのでマッチング運だけのゲームになってます。
マッチング後、即ギブアップを何度繰り返したことか…

あとは、低レアキャラを育てる意味がまったくないというところも気になります。
スマホRPGでは当たり前といえば当たり前ですが…

高レアキャラは安定して強く、
低レアキャラは限定された条件下でハマれば強い。
みたいな、使えないキャラが極力でないバランスって無理なんですかねぇ…

それと、共闘と闘技場は2016/04/19現在、バグがあってゲーム進行不能になることがあるので、
安定して遊べないです。

ともあれ、今後の運営次第では神ゲーになれる可能性を秘めてるなと感じました。

ちなみに、おっさんは1円も課金してないですが、最高レアのキャラを2体持ってます。
wakusaga1

wakisaga2

(最高レアの中でも当たり外れがあるので、実際は当たりとは言えないですがw)

最初の11連ガチャで最高レアキャラが1体確定でもらえるのですが、
少しプレイすると11連ガチャを回せる分の課金アイテムが手に入るようになっているので、
全員が最高レアキャラを所持した状態で対等に遊べるようになっています。
この仕組みは全てのガチャありゲームで
採用した方がいいですよねー。

以上、おっさんのおがでした。

ポケモンコマスターに期待した事と現実のギャップ

どうも。おっさんのおがです。

ポケモンコマスターのAndroid版が配信開始されて2日経ちましたね。

おっさんはiPhoneメインなのであまり深く遊べていませんが、
使用頻度の低いNexus7(2013年版)を引っ張り出してたまに遊んでいます。

GooglePlayストアには未だに「落ちる」「遊べない」と
低い評価が並んでいますが、
Nexus7(2013年版)では今はかなり安定して遊べています。

ミニリュウをゲットしたので、性能を載せておきます。
pokekoma-miniryu

で、今回は実際に遊んでみて感じた
「理想と現実のギャップ」
について書きます。

初めてポケモンコマスターの記事が公開された時、
おっさんが妄想したポケモンコマスターは以下の通りでした。

・ガチャに頼らない任天堂らしい見たことのないマネタイズ
・AIもプレイヤーと共に変化(進化?)していくAIとのパートナーシップ
・ポケモンらしいポケモン(コマ)の成長・進化とゲットの楽しさ

で、現実は以下の通り。

・典型的なガチャでのマネタイズ
・AIは変化しているか不明。毎ターンAIに任せるかどうか選ぶだけ。
  既存の自動バトル可能なRPGとプレイヤー体験として何が違うのかわからない。
  (もちろんAIとしてのクオリティが高いという意味では違うのでしょうが・・・)
・ポケモンの成長遅すぎ、進化しない、ゲットはガチャ以外ではかなり無理がある確率。

とうことで、正直な話がっかりしています。

特にガチャとAIの扱いについてはかなりのガッカリ感。
これでは、他のスマホゲームとのプレイヤー体験として差があまりなく、
ポケモンとしてやる必要があるゲームなのか疑問なくらいです。

まあ、肝心の遊び(デュエル)は単純で運要素が強いのに奥が深くて面白いので、
そこはさすが株式会社ポケモンだなーと思いました。

ポケモンコマスターは、
ポケモンとしての楽しさより
将棋や囲碁のような面白さを重視したゲームなのかなと感じます。

ポケモンというIPを使ったことによって、
ポケモンを知るユーザは成長要素だったりポケモンとの関わりみたいなものを期待してしまったはずで、おっさんもそうだったのですが、
「将棋や囲碁のような面白さを重視」
というテーマがそういったユーザの期待とミスマッチだったのかなーと思います。

こういうゲームなら、
ガチャでのマネタイズなんて中途半端なことせずに、
「アナログゲームの囲碁と将棋」
「スマホゲームのポケモンコマスター」
みたいな位置づけを目指した1,000円くらいの買いきりのゲームにして欲しかったかなと思います。

いろいろと不満な点ばかり書きましたが、
ゲームとしてのクオリティが高いことに間違いないです。

それだけに、ユーザに間違った方向の期待をさせない
プロモーションのやり方があったんじゃないかなーと、
もったいなく思っています。

このままだと流行らないとおもうので、
ここから先の株式会社ポケモンの運営方法に注目していきたいと思います。

以上、おっさんのおがでした。

ポケモンコマスターをプレイした所感

どうも。おっさんのおがです。

ポケモンコマスターが、本日4/12(火)にGooglePlayストアで配信開始しました。

最初の情報公開から2ヶ月経たず、
続報も無しのまま突然の配信開始という
前代未聞の展開w

これは嬉しいサプライズです。

ただ、おっさんはiPhoneメインなんで、
Android端末持ち歩くの面倒…
早くiOS版の配信頼むよ〜。

で、早速プレイしてみたわけですが、
さすがに見た目のクオリティが高い。

スマホゲームといえば、
メニューボタンやカードのサムネイルなどに劣化した画像を使っていたり、
WEBそのままで解像度が合っていない画像が混在していたりして見た目が汚いことが多いですが、
さすがに株ポケと任天堂の手が入ってるだけあって超キレイ。

リリース直後はサーバ側のトラブルで即短期メンテナンスに入るなどわちゃわちゃしてましたが、
すぐに修正されて今では快適に遊べています。

ゲームシステムは、他のスマホゲームの流れを汲んでいて、
課金アイテムでガチャを回してデッキを組み、クエストをこなしていくタイプとなっていました。

マネタイズのあたりは任天堂が絡んでるなら意外性のある事をしてくるかと期待していたので、
正直残念。

で、肝心のデュエルのシステムなのですが、
今のところどうすれば勝ちにつながるプレイになるのか、
おっさんはまだあまり理解できてませんw

デュエルのゲーム性を一言で表すと、
囲碁+将棋を100くらいで割って超単純化したものにランダム性の高いポケモンバトルを組み合わせた感じ、
といった印象です。

多分、AIについてあれだけ前面に打ち出しているのは、
囲碁や将棋と同じように初心者が勝ち筋を見つけるというところまで行くにはかなりハードルが高いからなのでしょう。

しばらくはデュエルの細かいことはAIに任せてポケモンを育てたりゲットしたりしてストーリーを遊びながら、
AIのプレイを眺めて参考にしていくうちに理解が深まっていき、
そのうちに自然と勝ちを狙いにいくための知識が蓄えられていく。

という流れになっています。

なので、対戦ゲームや戦略ゲームは難しいから苦手。という人も、
気にせずAI任せにして遊んじゃいましょう!

おっさんが本腰入れて遊ぶのは
iOS版が配信されてからかな〜。

以上。おっさんのおがでした。

ヴァルキリープロファイルの続編?スクエニがヴァルキリーアナトミアのティザーサイトを公開。トライエースとの関係は…?

どうも。おっさんのおがです。

スクウェア・エニックスが、
4/11(月)にヴァルキリープロファイルに関係すると考えられる
新作のティザーサイトを公開しました。
http://www.valkyrieanatomia.com

このサイトでわかることは、
・プロデューサーと音楽の担当がヴァルキリープロファイルと同じであること。
・シナリオライターはヴァルキリープロファイルとは異なること。
の2点。

おそらく、開発もトライエースだと思われるのですが…
まだわかりませんね。

おっさんはプレステ時代のトライエース作品である
スターオーシャン(特に1,2)とヴァルキリープロファイルに
どハマりした世代なので、期待せざるをえない。

しかし、当時のトライエース作品の何が面白かったのかよく考えたら、
シナリオの力が大きかった気がします。
スターオーシャンもヴァルキリープロファイルも、
自分のプレイ内容によって結果が異なる仕組みになっていて、
そこでキャラクターに紐づく物語が別の側面から深掘りされていったり、
当時では珍しい男二人のグッドエンディングが用意されていたりしましたw

マルチストーリー、マルチエンディングとでも言いますか。
これがとても面白かったと記憶しています。

戦闘システムを筆頭としたゲームシステムも当時としては斬新な物が多かったので、
それも面白かった要因としてもちろんあるのですが、
ゲーム内でのシナリオ展開は今のゲームと比較しても負けてないと思います。

と言うより、コンシューマゲームの開発にお金がかかるようになってきたことで、
マルチにシナリオを展開するような
コストのかかることができなくなってしまったせいか、
現在の高クオリティコンシューマゲームも
シナリオ展開の面では
スターオーシャン2やヴァルキリープロファイルに負けていると思います。

そういえば、
トライエースは過去に「ラジアータストーリーズ」というゲームを作っていて、
これもSO2やVPのように、
1つの物語を複数の側面から見ることができる上、
さらにマルチエンディングとなる
まさにマルチストーリーマルチエンディングなゲームでした。

しかし、
おそらく、開発費が高くなりすぎたため
実現しようとしていた規模のものを完成させることができず無理やり縮小して発売したと思われ、
(おっさんの勝手な予想です)
そのせいでラジアータストーリーズはイマイチの評価でした。

この「ラジアータストーリーズ」以降、
トライエースはマルチストーリーマルチエンディングと言えるゲームは
作れていないと思います。
と同時に、以降のトライエースが発売するゲームはイマイチヒットしなくなってきました。

(個人的にはエンドオブエタニティとか最高に好きなんですが)

話が散らかってきたのでまとめると、
トライエースの看板タイトル達の魅力は、

「多面的なシナリオとそれを魅せることができるゲームシステム」

ということだったように思います。

で、結局何が言いたかったかというと、
スターオーシャン2でゲームデザインを担当し、
ヴァルキリープロファイルでシナリオを担当した
則本真樹氏にヴァルキリーアナトミアのシナリオも担当してほしかった…

まあ、「マルチストーリーマルチエンディング」というのは、
スマホゲームと非常にシナジー(相乗効果)があるので、
ヴァルキリーアナトミアはその辺りに期待したいと思います。

お願い!山岸さん!

以上、おっさんのおがでした。