【2017/6/27】ファイトリーグやるならとりあえずこのチーム作っとけばいいと思う。

どうも。おっさんのおがです。

モンスト運営してるXFLAGの新作ファイトリーグが6/22に配信開始されました。

配信日から今日27日まで、
リセマラしてみたり、
それなりにリーグマッチしてみたので感想を書きたいと思います。


まず言いたいのは、

アスリートクリーチャーズ強すぎってこと。

ゲームバランスチェックしたのかなーと疑問に思うくらい強いキャラが多いです。

とりあえず、今日リセマラして作ったこのチームで、
シルバーのCランクまで楽勝で上がることができました。

ここまで連敗は無かったと思います。
3連勝以上を連発して爽快に遊べます。

初心者はとりあえずこのチーム作って、
毎ターン何も考えず最大効率で相手リーダーの顔面をボコボコ殴っておけばいいと思います。

まあリセマラだけでこのチーム作るのもソコソコハードル高かったんですけどね…

最初はGGGとかToDとか、最初の30連で出たUSキャラを軸にチーム組んで戦ってたんですけど、
どう考えても対戦相手のアスリートクリーチャーズ以上に勝率を出せる気がしませんでした。

だからアスリートクリーチャーズ狙いで再度リセマラしてチームを組んでみたら、まあ〜勝てること勝てること。

なんでアスリートクリーチャーズが強いかって、1ターンで出すことのできる2キャラだけでコンスタントに600〜1000オーバーのリーダー顔面ダメージを叩き出せるから。

このゲーム、リーダーのHPが3000なので、
3〜4ターンくらいで削りきれるんです。

他のブランドも、場の状況によっては一撃必殺のダメージを叩き出すことはできるんですけど、やはり相手が上手かったりするとうまく場にこちらのキャラを残すことができない。
なので、お互い相手のキャラを全滅させつつどれだけリーダーダメージを稼げるかという戦いをすることになるんですが、
アスリートクリーチャーズだけは毎ターンプレイできる2キャラでリーダーダメージを稼ぐことを考えるだけで勝てる。
違うゲームになっていると言ってもいいです。

アスリートクリーチャーズのブランドがなければ、ソコソコいいゲームバランスかなーと思うんですが…


アスリートクリーチャーズが強すぎることを除けば、おっさんとしては楽しいし好きなゲームです。

矢印をリンクさせて場の全員で戦う仕組みは、シンプルでわかりやすいけど奥行きがあって面白いと思います。

通勤時間くらいしかゲームできない社会人ライトゲーマーに成り下がってしまったおっさんとしては、
タッグを組む相手を作ることのハードルが高すぎてトップランカーは狙えないのが残念ですが…

以上。おっさんのおがでした。

【FEH】戦禍の連戦を効率よく戦うパーティ紹介。回復と攻め立てが重要

どうも。おっさんのおがです。

6/8から新しく始まったイベント「戦禍の連戦」ですが、面白いですね。

ソシャゲやスマホゲームにはよくあるマラソンイベントですが、
効率よくポイント稼ぐのはそこそこ難しく、毎回の攻略にも工夫が必要でなかなかやりがいがあります。

おっさんなりに、ルナティック7連戦でノーデス攻略がそこそこ安定するパーティができたので紹介します。

ポイントはニノに回復をつけていることと、
サーリャに攻め立てを付けたこと。
あとはニニアンの相性激化。

エイリークも本当は回復と月虹とか付けたいんですが、SP集めが全然間に合ってません…
昔に闘技城向けに育てていた時のままとりあえず流用してます。

ルナティック7連戦は後半に出てくる敵のHPや耐久がアホみたいに高くなるので、
ブレードの超火力をもってしても1撃で倒しきることが難しく、
追い討ちが必要になってきます。

そこで、攻め立てと回復によって追い討ち可能回数をひたすら稼ぎます。
特に回復は、バトルの開始時に必ず発動するのでかなり強いです。

サーリャとニノによって近接は反撃無しで倒す。
反撃がある魔法ユニットへの攻撃なら魔防が高めのニノで反撃を受けつつ回復前提で立ち回り、
弓ユニットへの攻撃なら防御が高めなサーリャで反撃を耐えつつ攻め立て発動で倒していきます。

赤魔は少しキツイので、激化と雷のブレスで遠距離反撃が可能なニニアンで受けます。

ゼロやフェリシアなどアホみたいな魔防を持った敵が出現した場合はかなり苦しいですが、
そこはエイリークでHPを削りつつ倒していきます。

ラストバトルのヴェロニカは、
サーリャの奥義が発動するよう調整するか、
エイリークとサーリャを連続でぶつける必要があるためかなり辛いです。
ヴェロニカの耐久やばい…
何気にヴェロニカの横の弓ユニットが魔防高いことも多く、
こちらもツライことも多いですが…

ヘクトルorエルフィ、
ラインハルトorオルエンorセシリア、
ソワレorティアマト、
などの青と緑の強力な敵は、
サーリャとニノならバンバン倒せるのでかなり頼りになります。

以上、おっさんのおがでした。

【FEH】ラインハルトを筆頭とした青魔導師の対策にオススメのあのキャラ

どうも。おっさんのおがです。

ラインハルトの鬼神の一撃ダイムサンダに苦労してる人は多いと思います。

おっさんは雷のブレスと相性激化をスキル継承させたファで対策してます。

こちらのダメージほぼ0でラインハルトを反撃で退治できるので、その後の展開が非常に楽です。
ヘクトルには及びませんが、ステータスが高めで闘技場のポイントが高めなのもいい感じ。

弓の相手もできるヘクトルと、
青魔を安定して対策できるファの選択な感じです。

引き戻しと速さの鼓舞、切り返しあたりをさらに継承させたいのですが、SP集めるの大変…

ついでに。

おっさんは幸運にもニニアンも持っているので、
ニニアンにも雷のブレスと相性激化をスキル継承させて、剣、赤魔を対策してます。

ニニアンの相性激化も、リョウマやマークス、セリカあたりのよく遭遇する強キャラを安定して対策できるので今の環境ではオススメ。
ファルシオン持ちは最近環境から減ってきて、かなり動きやすいです。

このまま倉庫で眠ってる子供チキも育てていっそ竜パつくろうかな…

以上、おっさんのおがでした。

【Shadowverse】安定して強いバランスドラゴンデッキ。シャドウバースでランクマッチのハイライトと解説Part8

どうも。おっさんのおがです。

日々のランクマッチについて書いていきます。


今回はロイヤルデッキが相手。
image

こちらのデッキはドラゴンデッキ。
なにも考えず毎ターン一体ずつフォロワーを出していき相手に圧力をかけていくデッキです。
image

ドラゴンデッキはロイヤルが若干苦手なのですが、
序盤はこちらの手札はそこそこよくて、
相手の手札がイマイチな感じ。

ロイヤルは1ターン目になにもできないとかなり苦しいので、
相手はかなりやりづらそう。
image

image

こちらは狙い通りコストをフルに使って順番にフォロワーを出していきます。
image

image

image

ドラゴンのフォロワーは能力が高いので、
ロイヤルデッキのフォロワーが相手ならジワジワ場を有利な状況にできます。

その上、今回は順当にPP上限を上げていけたのもよかった。

ロイヤルデッキは守護に弱く、
場を守護フォロワーで埋めることができたこのタイミングでほぼ勝ちを確信。
image

image

相手は最後まで手札がイマイチだったようで、
こちらのフォロワーを破壊できずにあえなく降参。
image

image

image

ロイヤルデッキは手札の引きでかなり強さが変わりますね…

日々のランクマッチまとめはこちら
http://ossan-games.net/?cat=289

前回のランクマッチはこちら
http://ossan-games.net/?p=466

次回のランクマッチはまだ

シャドウバースのダウンロードはこちら

以上。おっさんのおがでした。

【Shadowverse】勝率安定を目指すバランスロイヤルデッキ。シャドウバースでランクマッチのハイライトと解説Part7

どうも。おっさんのおがです。

日々のランクマッチについて書いていきます。


今回はウィッチデッキが相手。
image

こちらのデッキはロイヤルデッキ。
前半は低コストフォロワーで相手リーダーへのダメージを蓄積しつつ、
中盤から終盤戦に向けて中コストの指揮官と低コストの兵士の組み合わせで一気に畳み掛ける準備を整えるデッキです。
image

最初の手札にクイックブレーダーが来なかったため、
序盤は積極的な攻撃はせずに相手の出方を見つつ手札を整えることにします。
image

image

メイドリーダーで指揮官カードを補充しつつ、
シールドエンジェルで場を整えます。
image

と、思っていたら、
相手はエンジェルスナイプで地味にこちらのフォロワーを破壊してくるだけで、
特に何もしてきません。
なので、手札に高コストカードが多く動きづらいと予想。

相手が高コストのカードを出せる終盤に入る前に勝負を決めることにします。

運良く闇を纏う暗殺者が手札にあるので、
場のフォロワーを進化して強化しつつ相手リーダーを攻撃させ、
闇を纏う暗殺者を出すことで潜伏させて破壊させづらくし、
次のターンで勝負を決めます。
image

相手は場のフォロワーを対処できるカードが手札に来なかったようで、
苦し紛れのサモンスノーで雪だるまを量産。

守護持ちのカードがないため、
次のターンはこちらの攻撃で相手の体力を0にできることが確定。
image

image

相手は潔くリタイアで勝利。

相手の手札があまりよくない時に一気に畳み掛けられたのがよかったと思います。
タイミングを見計らってダメージを稼げる確率の高いデッキを目指したいですね。
もう少しロイヤルデッキを研究したいと思います。

日々のランクマッチまとめはこちら
http://ossan-games.net/?cat=289

前回のランクマッチはこちら
http://ossan-games.net/?p=443

次回のランクマッチはこちら
http://ossan-games.net/?p=488

シャドウバースのダウンロードはこちら

以上。おっさんのおがでした。

【Shadowverse】バランス命のドラゴンデッキ!?シャドウバースでランクマッチのハイライトと解説Part6

どうも。おっさんのおがです。

日々のランクマッチについて書いていきます。


今回はエルフデッキが相手。
image

こちらのデッキはドラゴンデッキ。
とにかく毎ターンフォロワーを出して相手に圧をかけていくスタイル。
ドラゴンデッキ特有のPP上限あげはあまり意識せずに隙を見て可能ならプレイします。
image

最初の手札入れ替えはとにかく低コストフォロワーを集めることに集中します。
とにかくコツコツフォロワーを出していきます。
image

image

image

image

今回は竜化の秘法が手札に来ていたので、
4ターン目に場のドラゴンライダーを行動させたあとに竜化し、さらに進化させました。
image

こうして、相手に対して圧をかけていきます。

今回は竜化の秘法によるドラゴン、ゴブリンマウントデーモン、天剣の乙女と出したのですが、
ことごとく相手の精霊の呪いで体力を1にされては場のフェアリーに狩られるを繰り返しました。
この時点でちょっと諦めムード…。
手札に3枚もきてるのかよ…と。
image

image

image

しかし、相手はエルフデッキ。
守護持ちのカードが刺さります。
天剣の乙女と進化を駆使して相手の攻撃を凌ぎながら低コストフォロワーを出していくことで、
ギリギリのところでリーダーの体力を守ります。

そして終盤戦、ついに相手の手札が枯渇し、
こちらの攻撃の流れとなります。
image

image

image

天剣の乙女に対する進化と竜の力付与を相手は突破できず、逆転勝利に成功しました。
image

image

image

image

こういう互角でギリギリのマッチは、
やってて気持ちいい!楽しい!

シャドウバースはこういう絶妙な展開になることが多くて楽しいです!

日々のランクマッチまとめはこちら
http://ossan-games.net/?cat=289

前回のランクマッチはこちら
http://ossan-games.net/?p=422

次回のランクマッチはこちら
http://ossan-games.net/?p=466

シャドウバースのダウンロードはこちら

以上。おっさんのおがでした。

【Shadowverse】自滅上等ヴァンパイアデッキ!シャドウバースでランクマッチのハイライトと解説Part5

どうも。おっさんのおがです。

日々のランクマッチについて書いていきます。


今回はヴァンパイアデッキが相手。
image

こちらのデッキもヴァンパイア。
疾走持ちのカードとお互いのリーダーにダメージを与えるカードで構成し、
自滅上等でさっさと試合を終わらせていくスタイルを目指しました。
image

ヴァンパイア同士なので、
やはりお互い体力を削り合う展開。

お互い、復讐を発動するタイミングを見計らってややコストを余らせてターンを経過させていきます。

結果的に相手側が先に復讐を発動し、
フォロワーを出してきましたが、
眷属の召喚によるフォレストバット召喚と進化でなんとか凌ぎます。

image

image

image

こちらは、
疾走持ちのダークジェネラルとインプランサー、
相手リーダーに直接ダメージ3を与えるデーモンストームと鋭利な一薙ぎで、
相手の体力10を削りきる狙い。

と、ここで相手が8/8の守護フォロワーを召喚!!
これはきつい…。
image

こちらはインプランサーと場のフォロワーで8ダメージを出して
次のターンでの引きに賭ける!
と思っていたところ、
なぜかそこでデーモンストームを出してしまう操作ミス…。
image

image

image

image

なんとしょっぱい終わり…。

日々のランクマッチまとめはこちら
http://ossan-games.net/?cat=289

前回のランクマッチはこちら
http://ossan-games.net/?p=397

次回のランクマッチはこちら
http://ossan-games.net/?p=443

シャドウバースのダウンロードはこちら

以上。おっさんのおがでした。

【Shadowverse】動画より短時間で見れる!シャドウバースでランクマッチのハイライトと解説Part4

どうも。おっさんのおがです。

日々のランクマッチについて書いていきます。


今回はドラゴンデッキが相手。
image

こちらのデッキは前回と変わらず
超スタンダードな速攻ロイヤルデッキ。
ただ、研磨の魔法と剣豪を入れるなど、
若干の微調整を入れています。
image

今回も序盤の手札運がよく、
疾走持ち1コストのクイックブレーダーを1枚引くことができました。
カースドジェネラルは4コストとデッキ内では重いコストなのですが、
他の兵士全てに疾走を付与できる神性能なので手札に入れておきます。
相手のリーダーの体力を削りきる時に非常に心強いです。
image

立て続けに、
研磨の魔法、
武装強化、
ホワイトジェネラル、
とその後の引きも神がかっていて、
クイックブレーダーがターン毎にパワーアップ。
さらに進化も合わせて1コストカードがアホほど強くなりましたw
image

image

image

4ターン経過時点で相手リーダーの体力は2に。
image

このターンで相手が守護を持つカードを出してこなかったため、勝ちが確定。

次のターンで最初から手札に入っていたカースドジェネラルとヴァンガードを出してヴァンガードに疾走を与え、
疾走を得たヴァンガードを進化させることで2ダメージ稼ぎました。
image

image

相手の敗因は、
途中こちらのフォロワーを破壊するチャンスで破壊しなかったこと、
3ターン目まで何もプレイできなかった引きの悪さ、
といった感じでしょうか。

ロイヤルデッキが相手の場合は、
なるべくフォロワーを場に残さずにターンを終了するべきだと思います。

日々のランクマッチまとめはこちら
http://ossan-games.net/?cat=289

前回のランクマッチはこちら
http://ossan-games.net/?p=379

次回のランクマッチはこちら
http://ossan-games.net/?p=422

シャドウバースのダウンロードはこちら

以上。おっさんのおがでした。

【Shadowverse】動画より短時間で見れる!シャドウバースでランクマッチのハイライトと解説Part2

どうも。おっさんのおがです。

日々のランクマッチについて書いていきます。


今日はウィッチデッキが相手。
image

こちらのデッキは、
速攻ドラゴンデッキというテーマで組んでいます。
前半を凌いで後半の強いドラゴンで攻めるのが基本のドラゴンデッキですが、
意表をついてロイヤルデッキのように
立ち回り、
終盤戦を迎える前に倒しきるよう、
低コストフォロワーとフォロワー強化カードをメインに構成しています。
image

が、序盤から低コストフォロワーが揃えられず、
フォロワー強化カードも手札に来ない最悪な展開…
image

目的の速攻が展開できず、
ただの劣化ミドルレンジドラゴンデッキの立ち回りに…
image

image

途中、盛り返しかけたのですが、
相手のガーディアンゴーレム量産によりこちらの攻撃を防ぎ切られてしまいました。
image

image

image

序盤にダメージを稼げなかった分が、
そのまま負けにつながった展開となりました。
image

やはり、もう少し疾走やフォロワー強化の方法が増えないと、
速攻デッキは安定しなさそうです。

日々のランクマッチまとめはこちら
http://ossan-games.net/?cat=289

前回のランクマッチはこちら
http://ossan-games.net/?p=355

次回のランクマッチはこちら
http://ossan-games.net/?p=379

シャドウバースのダウンロードはこちら

以上。おっさんのおがでした。

【カード紹介】シャドウバースで相手が出してきたトンデモなく強い対策必須カードまとめその1

どうも。おっさんのおがです。

数戦ランクマッチをしていて、
うわ、そんなのアリかよ!?
と思った対策必須の強いカードを対策の方法と併せて紹介します。

タイトルにその1と書きましたが、
シリーズ化するかは今の所不明です。


ネクロマンサーデッキ
デュエリスト・モルディカイ
https://shadowverse-portal.com/card/101531050

ラストワードが「デュエリスト・モルディカイ」を出すというもの。

なるほど。
このカードを倒したらこのカードが出てくる。

……え?

5/5ってかなり強いカードが、
倒したらまた出てくるって?

完全にチートカードですこれ…

対策としては、
カードを変換する系のカードを使うか、
フォロワーを消滅(破壊ではなく)させるカードを使うか。
くらいでしょうか。

カードを変換する系と消滅させる系のカードは、
デッキに1枚もないと詰むシーンが出てきますので、
どのデッキでも必須かなあと思います。


ビショップデッキ
詠唱:夢想の白兎
https://shadowverse-portal.com/card/101733010

カウントダウン3で守護を持つドリームラビットを出すアミュレット。
で、ドリームラビットのラストワードが詠唱:夢想の白兎を出す…

デュエリスト・モルディカイと同様、
倒しても倒してもキリがない系です。

デュエリスト・モルディカイと違って
倒した後はカウントダウン3の分の猶予があるのですが、
こちらは守護を持つのがウザいです…

対策も同じくラストワードを発動させないように変換か消滅です。


ウィッチデッキ
次元の超越
https://shadowverse-portal.com/card/101334020

このカードを使うともう一度俺のターン!
18コストですがスペルブーストで必要コストが1減っていきます。

2連続ターンって本当に強いんですよ…
場のフォロワーが全て疾走か、2回攻撃を得ると考えてください。

スペルブースト18って、結構あっという間ですからね…
序盤から絶対に出してこないカードを1枚持ってたら、
このカードの存在を疑いましょう。

このカードがある故に、
ウィッチデッキと長期戦になったらまず勝てないと思った方がいいです。


ウィッチデッキ
冬の女王の気紛れ
https://shadowverse-portal.com/card/101334050

5コストで場のフォロワーを全てスノーマンに変えます。

上で紹介した「デュエリスト・モルディカイ」なんかの対策に有効なカードです。
終盤戦の高ステータスフォロワーの応酬(おっさんは勝手に怪獣大戦争と呼んでます)に超強い。

あと、おっさんがメインで使っている守護メインドラゴンデッキに超絶クリティカルにブッ刺さってて辛いです…

対策は…
終盤戦に疾走を持つカードを使ってリーダーを削るか、
次のターンで決めてやる!と意気込んで場に強力なフォロワーを一気に出さない事。
フォロワーはなるべく1体づつ場に出していきながら、
強化スペルカードとかを織り交ぜて戦うのがいいかと。

その間に冬の女王の気紛れのスペルブーストとか貯められるので、
悠長なこといってられなかったりするんですけどね…


エルフデッキ
ローズクイーン
https://shadowverse-portal.com/card/101141030

手札のフェアリーを全て薔薇の一撃に変身させます。

薔薇の一撃とは、2コストでリーダーかフォロワーに3ダメージを入れられるスペルカード。

このカードは8コストなんで、
これを出されたということは次のターン以降は12のリーダー直接ダメージを覚悟する必要があります。

手札8枚上限の中にフェアリーを沢山容易する必要があるので、
使う側としても難しいカードなのですが、
対策と言える対策がないのがこのカードの強いところで、
エルフデッキと戦うときはフェアリーが何枚相手の手札にあるのか見ながら戦うことが対策というくらいです…


今回はこの5枚です。

ネクロマンサーデッキ、
ビショップデッキ、
ウィッチデッキ、
エルフデッキ、
と戦う時は、
くれぐれも気をつけましょう…

シャドウバースのダウンロードはこちら

以上、おっさんのおがでした。