シャドウバース新カードパック「ダークネスエボルヴ」を70パック引いてみた結果トンデモナイことに!

どうも。おっさんのおがです。

本日9月30日のアップデートで追加された新カードパック「ダークネスエボルヴ」ですが、
おっさんはこのカードパックの情報が公開された日からルピを溜め込んでいて、
その額なんと6025ルピまで到達しました。

アップデート記念に10パック分のチケットが貰えるので、
合わせて70パック分も買うことができます。

1パック8枚なので、560枚のカードを手に入れることができます。

今回はこれをすべて使ってカードパック購入したいと思います!
image

ドキドキ。
image

ドキドキ。
image

結果。
image

image

image

image

image

image

image

image

image

レジェンドは7種11枚獲得できました。
image

約1.96%!!!
すげえ!!

ゲーム内から見ることができる提供割合は1.50%だから、
かなりラッキー!

ゴールドも21種41枚獲得。
image

image

約7.32%

こちらもゲーム内では6%と表記されているので、
かなりラッキー。

ヴァンピィちゃんが3枚獲得できたのは地味に嬉しい。

逆に獲得できなかったカードは、

吸血鬼の古城
image

死霊の宴
image

蠅の王
image

ダークエンジェル・オリビエ
image

の4種類でした。

オリビエさん…出なかった…

余剰カードから生成できたレッドエーテルは8620個!
image

レジェンド2枚作れますね…ふへへ…

レッドエーテルは環境がわかってきてから作りたいデッキを考えて、
じっくり使いたいと思います。

そもそもおっさんは、スタンダードカードパックのカードがあまり揃ってないんですよね…

以上。おっさんのおがでした。


【シャドウバース】2pickで選ぶべき強いリーダーはこれ!

どうも。おっさんのおがです。

今回は、8月15日の大型アップデートで追加されたアリーナモードの2pickについて。

3人のランダムに選出されたリーダーから1人選び、
デッキ合計が30枚になるまで2枚のカードセット2パターンから選び続けて即席デッキを作成し、
そのデッキで5戦するというルールの2pick。

40枚のデッキで様々なカードの組み合わせでギミックを組み上げて使うスタンダードなバトルとは違い、
カード同士の強い組み合わせを狙うことが難しく、
フォロワーが生き残りやすい。

と、いうことで、
そういった状況下で強い状況を作りやすいオススメリーダーとカード選択のコツを紹介します。


まずオススメするのは、ドラゴンデッキ。
リーダー選択にドラゴンが出たら迷わず選んで良いと思います。

カード選択は低コスト帯を優先して選び、
高コストドラゴンからはハイドラ、スカルドラゴンなどリーダーへの大ダメージを狙えるフォロワーを含めて選択します。

2pickではどのデッキも序盤のフォロワー展開が遅くなりがちで、
守護フォロワーが手札に無い状況も多いので、
低コストを優先して選ぶことで序盤からあいてへの圧力をかけていきます。

ドラゴンデッキには、
ルフ鳥のように低コストでも大ダメージを出せるフォロワーが多く、
2pickでの序盤ではかなり強いです。
また、相手はこちらのフォロワーを破壊せざるをえないので、
得意な終盤戦までもつれ込む確率が高くなります。

終盤までもつれ込めば、ドラゴンデッキの高ステータスフォロワーを毎ターン出していくだけでほぼ勝てます。

2pickでは最強のリーダーだと思います。


次にオススメなのはロイヤルデッキ。

低コストフォロワーの兵士をしつこく選択していきましょう。
序盤の展開が遅くなりがちなの2pickではロイヤルの速攻が光ります。

また、フォロワーが生き残りやすいので、
兵士ステータスアップのファンファーレをもつれ込む指揮官を積極的に選択します。

ただし、高コストの指揮官ばかり選ぶとかなり弱いので気をつけてください。


最後のオススメはヴァンパイアデッキ。

リリスなどの相手リーダーへの直接ダメージが可能なフォロワーやスペルカードを優先して選びます。

場の展開が遅い2pickでは、
相手が何らかの攻勢を仕掛けてくる頃にはお互いの体力が10を切っていることも珍しくありません。

その状態であれば復讐を使える分ヴァンパイアデッキが優先となりやすく、
競り勝てることが多いです。

ただし、この構成はロイヤルが苦手なので気をつけましょう。


まとめますと、
ドラゴン、ロイヤル、ヴァンパイアが2pickのリーダーとしては優秀だと思います。
ぜひ選んでみてください。

ちなみに、おっさんは6回くらい2pickをやったうち、
5戦全勝できたのはドラゴンとロイヤルだけでした。

image

image

以上、おっさんのおがでした。

【Shadowverse】動画より短時間で見れる!シャドウバースでランクマッチのハイライトと解説Part2

どうも。おっさんのおがです。

日々のランクマッチについて書いていきます。


今日はウィッチデッキが相手。
image

こちらのデッキは、
速攻ドラゴンデッキというテーマで組んでいます。
前半を凌いで後半の強いドラゴンで攻めるのが基本のドラゴンデッキですが、
意表をついてロイヤルデッキのように
立ち回り、
終盤戦を迎える前に倒しきるよう、
低コストフォロワーとフォロワー強化カードをメインに構成しています。
image

が、序盤から低コストフォロワーが揃えられず、
フォロワー強化カードも手札に来ない最悪な展開…
image

目的の速攻が展開できず、
ただの劣化ミドルレンジドラゴンデッキの立ち回りに…
image

image

途中、盛り返しかけたのですが、
相手のガーディアンゴーレム量産によりこちらの攻撃を防ぎ切られてしまいました。
image

image

image

序盤にダメージを稼げなかった分が、
そのまま負けにつながった展開となりました。
image

やはり、もう少し疾走やフォロワー強化の方法が増えないと、
速攻デッキは安定しなさそうです。

日々のランクマッチまとめはこちら
http://ossan-games.net/?cat=289

前回のランクマッチはこちら
http://ossan-games.net/?p=355

次回のランクマッチはこちら
http://ossan-games.net/?p=379

シャドウバースのダウンロードはこちら

以上。おっさんのおがでした。

【カード紹介】シャドウバースで相手が出してきたトンデモなく強い対策必須カードまとめその1

どうも。おっさんのおがです。

数戦ランクマッチをしていて、
うわ、そんなのアリかよ!?
と思った対策必須の強いカードを対策の方法と併せて紹介します。

タイトルにその1と書きましたが、
シリーズ化するかは今の所不明です。


ネクロマンサーデッキ
デュエリスト・モルディカイ
https://shadowverse-portal.com/card/101531050

ラストワードが「デュエリスト・モルディカイ」を出すというもの。

なるほど。
このカードを倒したらこのカードが出てくる。

……え?

5/5ってかなり強いカードが、
倒したらまた出てくるって?

完全にチートカードですこれ…

対策としては、
カードを変換する系のカードを使うか、
フォロワーを消滅(破壊ではなく)させるカードを使うか。
くらいでしょうか。

カードを変換する系と消滅させる系のカードは、
デッキに1枚もないと詰むシーンが出てきますので、
どのデッキでも必須かなあと思います。


ビショップデッキ
詠唱:夢想の白兎
https://shadowverse-portal.com/card/101733010

カウントダウン3で守護を持つドリームラビットを出すアミュレット。
で、ドリームラビットのラストワードが詠唱:夢想の白兎を出す…

デュエリスト・モルディカイと同様、
倒しても倒してもキリがない系です。

デュエリスト・モルディカイと違って
倒した後はカウントダウン3の分の猶予があるのですが、
こちらは守護を持つのがウザいです…

対策も同じくラストワードを発動させないように変換か消滅です。


ウィッチデッキ
次元の超越
https://shadowverse-portal.com/card/101334020

このカードを使うともう一度俺のターン!
18コストですがスペルブーストで必要コストが1減っていきます。

2連続ターンって本当に強いんですよ…
場のフォロワーが全て疾走か、2回攻撃を得ると考えてください。

スペルブースト18って、結構あっという間ですからね…
序盤から絶対に出してこないカードを1枚持ってたら、
このカードの存在を疑いましょう。

このカードがある故に、
ウィッチデッキと長期戦になったらまず勝てないと思った方がいいです。


ウィッチデッキ
冬の女王の気紛れ
https://shadowverse-portal.com/card/101334050

5コストで場のフォロワーを全てスノーマンに変えます。

上で紹介した「デュエリスト・モルディカイ」なんかの対策に有効なカードです。
終盤戦の高ステータスフォロワーの応酬(おっさんは勝手に怪獣大戦争と呼んでます)に超強い。

あと、おっさんがメインで使っている守護メインドラゴンデッキに超絶クリティカルにブッ刺さってて辛いです…

対策は…
終盤戦に疾走を持つカードを使ってリーダーを削るか、
次のターンで決めてやる!と意気込んで場に強力なフォロワーを一気に出さない事。
フォロワーはなるべく1体づつ場に出していきながら、
強化スペルカードとかを織り交ぜて戦うのがいいかと。

その間に冬の女王の気紛れのスペルブーストとか貯められるので、
悠長なこといってられなかったりするんですけどね…


エルフデッキ
ローズクイーン
https://shadowverse-portal.com/card/101141030

手札のフェアリーを全て薔薇の一撃に変身させます。

薔薇の一撃とは、2コストでリーダーかフォロワーに3ダメージを入れられるスペルカード。

このカードは8コストなんで、
これを出されたということは次のターン以降は12のリーダー直接ダメージを覚悟する必要があります。

手札8枚上限の中にフェアリーを沢山容易する必要があるので、
使う側としても難しいカードなのですが、
対策と言える対策がないのがこのカードの強いところで、
エルフデッキと戦うときはフェアリーが何枚相手の手札にあるのか見ながら戦うことが対策というくらいです…


今回はこの5枚です。

ネクロマンサーデッキ、
ビショップデッキ、
ウィッチデッキ、
エルフデッキ、
と戦う時は、
くれぐれも気をつけましょう…

シャドウバースのダウンロードはこちら

以上、おっさんのおがでした。